板野友美、さまぁ~ずと“シュールで悲しい真顔”を競い合う

芸能総合 公開日:2018/12/10 9
この記事を
クリップ

「dTV」で配信中の人気バラエティ『トゥルルさまぁ~ず』。同番組は、さまぁ~ずの2人が視聴者から寄せられた「楽しいこと」「気持ちいいこと」を本気で検証するバラエティ番組。12月10日(月)より配信された第600話では、出演者全員でクッラカーを鳴らし、節目となる記念すべき回を祝った。「600回って凄えな!」と言う三村マサカズをはじめ、dTVでここまで長期的に続いている番組はこの‟トゥルさまだけ“ということもあり、一同驚きと共に感慨深い様子を見せた。



そんな記念すべき今回は、‟悲しくなる写真のあとに悲しい真顔をして、誰が一番悲しい真顔ができたかを競う「悲しい真顔選手権」“という何ともトゥルさまらしい、超おバカネタに挑戦。早速、三村が「結構悲しい顔って言われるんですよ」と自信満々で立候補しトップバッターに。最初の画像は、“カップ焼きそばの湯切りの際に麺まで流れてしまった”という内容で、画像を見た三村は見事な真顔を披露。しかし、その三村の悲しい顔を見たスタッフや出演者の笑い声につられ、思わず吹き出してしまう。一見簡単に思えるこのゲームだが、あまりにもシュールすぎる写真のため、笑わずに真顔をキープするのはなかなかに難しいのだ。「今のでその顔にならねぇだろ!」と大竹一樹から鋭いツッコミが入る中、やっとゲームの趣旨が“笑い我慢大会”であることを理解した一同。

三村がモニター上で徐々に大きくなる自分の真顔も罠であることを指摘し笑いが起きる中、「最後まで笑わずにいたヤツすごい!」と三村は早くも諦めモード。続いて、あびるが“コンビニで売っている透明なフタつきのソフトクリームがコーンとクリーム部分に真っ二つに分かれてしまった”という写真を見て悲しい顔に挑戦するも、モニター上に自分の顔が徐々に大きくなる様子に吹き出してしまう。この状況に、板野友美からも「これ笑いこらえるゲームじゃないですか!」とツッコミが入り、スタジオ中に笑いが起きた。次に大竹が“犬の散歩をしようと犬小屋に行くと、犬がいなくなってしまっている”という写真に挑戦し、引きつった顔を見せながらなんとか真顔をキープしようとするが、やはり笑ってしまう。三村は「悲しくねぇよこれ!(笑)急いで探すなり何とかした方がいい写真!」とスタッフの写真のチョイスに対してツッコミを入れ、またしてもスタジオは笑いに包まれた

その後も板野、そして4人で挑戦するなど、シュールすぎて思わず笑ってしまう写真が次々に登場し、終始笑いが絶えない展開が続く。果たして、悲しい真顔が最も得意なのは誰なのか!?

次回の「トゥルルさまぁ~ず」(12/17配信)は、日本武道館でのフェスも成功させた若手人気YouTuber、レイターズがトゥルさま初登場!普段から過激な動画をアップする彼らは、トゥルさまでも過激さMAXな投稿に挑む!


<「トゥルルさまぁ~ず」配信概要>

■タイトル   : トゥルルさまぁ~ず

■配信日    : 毎週月曜正午更新

■配信話数   : 第1話~第600話

■出演者    : さまぁ~ず、あびる優 他

(C)BeeTV



この記事の画像一覧 (全 7件)