福士蒼汰 ワイルドな髭姿で“男の格好良さ”をみせる、5年ぶりの写真集発売

芸能総合 公開日:2018/12/02 105
この記事を
クリップ
}/

「TVガイド」や「TVガイドPERSON」などテレビ情報誌を発行する株式会社東京ニュース通信社は、 福士蒼汰写真集「SOTA FUKUSHI」(東京ニュース通信社刊)を12月1日(土)に発売。 俳優・福士蒼汰の5年ぶりとなる写真集の発売を記念し、 見どころや本作に込めた思いを聞いた。

俳優・福士蒼汰の5年ぶりの写真集は、 25歳になった現在の「大人の男性」の姿をクローズアップした1冊。 ロケ地のアメリカ・ロサンゼルスにて、 「福士蒼汰の生活を覗き見る」も裏テーマに、 日中は買い物や、 ジョギング、 といったラフな日常生活、 夜はナイトライフの1ページをセクシーに楽しむシーンなど、 さまざまなシチュエーションで「ロサンゼルスの地で生活する姿」を映し出している。




いよいよ発売を迎えた写真集について福士は、 「8月に撮って(発売までの)約4カ月、 この写真集が皆様にどう思っていただけるかすごくワクワクしていました。 一本の映画が公開される時と同じくらいドキドキする感覚があって、 昨日(発売前日)は緊張して眠れなかったです」と打ち明けた。


福士本人も「本当に“今の福士蒼汰らしい写真集”です」と表現した程、 この上なくナチュラルでありのままの姿を収めた本作。 そんな自然体の状態で撮影に臨めた理由は、 舞台となったアメリカ・ロサンゼルスにあるようで、 「アメリカは自分にとってすごく特別で、 自分が飾らずにいられる場所でもあるので、 ここにしてよかったなと思いました」と振り返った。

その一方で、 ヒゲを伸ばしたワイルドな表情や、 スーツのままプールに入るセクシーなカットなど、 大人の色気を感じさせる写真も多く、 福士が見せた新たな一面に驚くファンも少なくないだろう。 そんな自身の姿については「カメラマンの荒木(勇人)さんが『こんな表情、 今まで撮ったことがない』とおっしゃってくださった写真もあって、 自分の想像を超えた写真集になりました」と。

さらに、 涙を流した表紙の写真も話題に。 「この時は泣くとか考えていなかったんです。 ロサンゼルスのダウンタウンを屋上から眺めていたら、 虚しさを感じたんですけれど、 1つの繋がりも感じて。 言葉では表しづらいような、 いろいろな思いが入り混じった、 不思議な感情がその場で生まれました」と撮影時の心境を明かした。

そんな見どころ満載の写真集。 なかでも、 ボーリング場での写真が気に入っているそうで「未だかつてなく男らしい衣装で、 奇抜さもあるシーンなので気に入っています。 “写真を撮った”というよりも、 映像の中の一枚を切り出したような写真が好きなので、 何気なく靴紐を結んでいるカットもいいなと思います」と理由を。

最後に「自分にとって宝物の一冊なので、 皆様にもなにか感じていただけたら嬉しいです。 また様々な形で皆様に役者・福士蒼汰をお届けできたらいいなと思っておりますので、 応援よろしくお願いいたします」とファンにメッセージを送った。

心も身体も、 今まさに青年期の殻を脱ぎ捨て、 円熟した大人の俳優になる直前の“男の格好良さ”を切り取った1冊で、 新たな福士蒼汰を見せる。
 


この記事の画像一覧

関連タグ