滝沢秀明 最後の表紙号に注目、関係深いメンバーは引退をどう受け止めたのか

芸能総合 公開日:2018/11/28 5
この記事を
クリップ

「週刊ザテレビジョン」(11/28発売・KADOKAWA)で表紙を飾るのはプロデュース業への転進を発表した滝沢秀明。巻頭のロングインタビューでは、これまでの人生への思い、今後への期待、ジャニーズイズムの継承という使命など、今、胸に宿る炎の全てを語り尽くしている。




そして、「週刊ザテレビジョン」滝沢秀明最後の表紙号ということで、国分太一三宅健松本潤小山慶一郎横山裕亀梨和也ほか、特に深い関係のあるメンバー11人の“ジャニーズ絆メッセージ”をたっぷり掲載。引退の決断をどう受け止めたのか。今後滝沢に期待することは?貴重な思い出話と共に、じっくりと語っている。

さらに、滝沢秀明プロデュース『JAPONICA STYLE』のMVで話題のSixTONESを緊急取材。撮り下ろしグラビア&スペシャルトークは必見だ。今号は滝沢秀明の魅力をたっぷりと凝縮した永久保存版となっている。

特集は“冬の新ドラマキャラ丸わかり名鑑”。錦戸亮深田恭子高橋一生ほか期待に胸膨らむ冬の新ドラマに出演する全185名の役名&人物像を最速で詳解。さらに、紅白歌合戦出場歌手一覧。「M-1グランプリ2018」優勝コンビ大予想、年末年始注目のSPドラマ&バラエティーを徹底解説した“先取り冬とくばん“も。大人気企画「KinKi Kidsのブンブブーン」最速SHOTは、森山直太朗とのタレ企画ロケに超密着。堂本光一堂本剛の大はしゃぎ&悶絶SHOTをたっぷりとご堪能いただきたい。