2年連続紅白総合司会 内村光良「最近よくあだ名みたいに”総合”と呼ばれます」

芸能総合 公開日:2018/11/26 10
この記事を
クリップ
}/

12月31日(月)に放送される「第69回NHK紅白歌合戦」の司会陣が集合した取材会がNHK局内スタジオで行われ、総合司会・内村光良、紅組司会・広瀬すず・白組司会・櫻井翔(嵐)が出席した。




2年連続で総合司会の大役を務める内村は「2回は無いと思っていたので驚いています。去年はフレッシュさだけで乗り切った感じですが、今年はそうは行かないので大変だなと思っております。鮮度を保ちつつ頑張ります。櫻井くん、すずちゃん、そして桑子(NHKアナウンサー)さんと4人で、アーティストの方々の渾身のパフォーマンスを盛り上げて行けたら」と意気込みを語ると、広瀬は「私は紅白初出場?ですよね!?、逆にフレッシュ全開で、ほんとうに未知の世界なのですが、まずは楽しめたらいいなと思っています」と緊張の面持ちで答えた。櫻井は「紅白に初めて出させていただいたのは2009年でした。僕らが登壇した時に、舞台下手(しもて)の袖で中居くん(中居正広・2009年白組司会)がずっと見守ってくれていたんですよね。そのときに司会の方が支えてくれる心強さを痛感したので、今回もうちの事務所からも初出場がいますし、多くのアーティストの皆さんを支えられるように、務め上げて行きたいと思っています」と自身の体験エピソードを交えて意気込みを語った。

お互いにアドバイスを求められた内村は「すずちゃんに言いたいことは、リハと本番全然違う。あの番組は化け物だ!」と広瀬をおののかせた。櫻井も広瀬に「司会は衣装チェンジがけっこうあるので、ファンの方は、カッコいい、かわいい、キレイ、いろんな広瀬さんが観られると思います」と視聴者目線からの観られ方をアドバイスした。

現在ツアー中で、MCパートで紅白の話題が出るという櫻井は、「67回の相葉(雅紀)は負けてるんです。68回の二宮(和也)のときは勝ってるんです。今回白組が勝つと勝ち越すことになりますので、どうか優勝旗を持ってほしいと言われてます」と何気なくプレッシャーを掛けられていることを告白。広瀬は「役者さんや友人からたくさん連絡をいただいて、こんなにも反響があるんだと驚きました。いま朝ドラを撮ってるんですが、取材されたページとか貼ってあるボードがあるんですけど、全部紅白の情報解禁の新聞だけが貼ってあって、キャストやスタッフの皆さんに観ていただきいます」とにっこり。さらに内村は「最近はさまぁ~ずから”総合”とよく呼ばれております。”総合!今日の居酒屋はこちらです”とかバカにされているようです(笑)。あだ名のように言われています」と後輩に慕われる内村らしいほのぼのとして笑えるエピソードで会場を和ませた。

その2回目の総合司会である内村が今年も起用された理由を、三津谷寛治氏(コント番組「LIFE」で内村が演じるNHKエグゼクティブプロデューサーのキャラクター)はどう仰っていましたか?という記者からの問いに「後半のダブルのスーツが良かった。思いの外似合っていた。今年も後半ダブルのスーツで行こうかなと思っています」と笑わせた。また昨年「総合とはなんだ!」と問いかける場面があったが、その答えはでたかとの問いには「最も重要性を感じたのは”早着替え”ですね(笑)。でも着替えがすべて終わって、後半観ているとき、歌手の方の幸福感というか、あの熱気にいたい、あのステージにもっと立っていたいという気持ちがすごい伝わったんですね。それがやって良かったなあって思いました」と”総合”の意味を深く感じ取ったようだ。

ほかの2人に期待したいことを聞かれ、内村は「櫻井くんはですね、アイドルでありながら、非常にインテリジェンス溢れる方で”インテリジェンス櫻井”と呼んでおります。他局でも歌番組やってらっしゃいますね。ここは放っておこうと思います(笑)。その分すずちゃんにですね、たくさんケアをしたいと。本番中こっち(広瀬側)を見てると思います」と、言われた櫻井は「なるべく僕もかまってもらうように、なついていきたいと思います」とラブコールした。

この記事の画像一覧