“自分の格好悪いところは?”竹内涼真のキメ顔回答に即ツッコみが

芸能総合 公開日:2018/11/22 4
この記事を
クリップ
}/

その年に圧倒的な活躍をした男性を表彰する「GQ MEN OF THE YEAR 2018」授賞式が21日、都内の東京アメリカンクラブで開催され、受賞した俳優の竹内涼真田中圭リリー・フランキー、歌手の美輪明宏、ダンス&ボーカルグループ・DA PUMP、お笑いコンビの千鳥らが出席した。

ドラマ「おっさんずラブ」をきっかけに大ブレイクとなった田中は「僕の好きな小栗旬吉田鋼太郎さんが過去にとっている賞で、憧れがあった。まさか平成最後の年で僕がとれるとは。この賞に恥じない俳優になろうと思いました」と決意を新たに。“イケメン俳優”としてドラマや映画に引っ張りだこだった竹内も「この仕事を始めてまだ6年目ですが、もっと画面を通して皆さんに楽しんでいただけるよう、自分で何か生み出していきたい」とさらなる飛躍を誓った。

受賞者によるトークでは、千鳥から田中と竹内に「自分がかっこ悪いと思うところは?」との質問が投げかけられた。しばらく悩んだ竹内が「見つからない…」と決め顔で答えると、ノブが「やかましい!」と即ツッコみ。「強めの水虫とかないの?」とイケメンの粗を出そうと必死になると「忘れ物もするし、よだれも垂れ流しだし…。移動中に衣装を汚しちゃって怒られます…」と竹内が明かした。

「勘違いをそのまま覚えていることがある」という田中は、「必殺」シリーズで俳優・藤田まことさんが演じた“中村主水(なかむら・もんど)”を誤って「なかむら・ぼんど」と覚えていたことを振り返り「ジェームズ・ボンドとかが混ざっちゃって、間違いに今年の頭に気付いた」と苦笑いだった。




今年は、メイクアップアーティストの辻一弘氏、映画監督の是枝裕和氏、プロ車いすテニスプレイヤーの国枝慎吾選手も受賞。なお、是枝監督と国枝選手はスケジュールの都合により授賞式を欠席した。また、活躍した女性に贈られる「GQ WOMWNOF THE YEAR」はフィギュアスケーターの浅田真央が受賞した。