”30歳になってもかわいい” 大石参月の「地元愛」ファンから声援多数

芸能総合 公開日:2018/11/21 10
この記事を
クリップ

ゲストが思い描く“理想”と“現実”の裏に隠された本音に迫るトークバラエティ「有田哲平の夢なら醒めないで」。2018年11月20日(火)TBS系 24:16〜25:15で「こんなはずじゃなかった…歯車が狂った元人気モデルSP」と題し、大石参月、神戸蘭子、根本弥生、日南響子、宮城舞らをゲストに放送された。




かつてファッション誌の専属モデルを務めるなど人気者だった女性たちが、専属モデル時代には予想もしていなかった現在の厳しい状況、苦悩などについて語る企画の第3弾となり、「JJ」「ViVi」「MORE」「nicola」などで活躍した5人がスタジオに登場。

「事務所を辞めてフリーになって近付いてきた人が…」「モデルの仕事と両立できると思って地元に戻ったら…」等々、驚くような現在の状況を明らかにされた。

2015年に地元浜松の同級生と結婚し、それを機に地元に移住。浜松から東京への通いで芸能活動を行う苦労も番組内では明かされたが、主婦業とモデル業を両立するべく、奮闘している様子に、ファンからは「地元静岡で頑張っててすごいな。」と応援の声も上がっている。

大石参月の登場に30歳になってもかわいい!キレイと変わらぬ美しさにファンも喜んだ。現在は、静岡放送「イブアイしずおか」のエンタメコーナー(毎週月曜)でレギュラー出演をしている。30歳になっても変わらぬ美しさを保つ大石参月に今後も注目だ。


関連タグ