三代目JSB岩田剛典 水着姿で沖縄の海に、さわやかすぎる笑顔を披露

芸能総合 公開日:2018/11/20 7
この記事を
クリップ

EXILE三代目 J Soul Brothers岩田剛典が、「雪肌精 SAVE the BLUE 冬のキャンペーン」のキャンペーンアンバサダーとして、12月7日(金)より全国で放映される新TVCMに出演する。それに先駆けて、キャンペーンサイトにて11月20日よりCMおよびWEB限定ムービーが公開になった。

今回の新TVCMは、サンゴ保全活動にちなんで沖縄の海を舞台に9月に撮影を実施。三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE feat.Yellow Clawの楽曲『RAINBOW』にのせて、岩田剛典が透き通るようなきれいな海に潜ったり、サンゴの養殖をレクチャーされたりする様子を描いている。CMの最後は「あなたが美しくなると、地球も美しくなる。僕と一緒に『SAVE the BLUE』しませんか?」と、活動への参加を呼び掛けている。




CMでは、岩田が実際に沖縄を訪れ、サンゴの株分けを体験する様子も見どころ。沖縄の広大な海で見せる岩田の真剣な表情や無邪気な笑顔にご注目いただきたい。

CMの撮影が行われた9月は沖縄でも雨の多い季節。撮影当日の天気が心配されていたが、岩田自身が「晴れ男です」と言っていた通り、無事、気持ちの良い晴天に恵まれた。撮影は、海に潜るシーンからスタート。体勢が安定しづらい海中での難しい撮影だったが、真剣に何度もトライする様子から、岩田の真摯な人柄が垣間見れた。撮影の合間には、沖縄の海を泳ぐ小魚と戯れる、岩田の無邪気な一面も。海の透明度が高く、海中の魚が鮮明に見えることに驚いていた。今回の撮影では、岩田自らサンゴの株分けを体験し、養殖サンゴの移植放流活動を行う「海の種」の代表・金城浩二氏からサンゴの現状についてのレクチャーを受けた。実際にサンゴに触れることで、環境保全の大切さについての思いを新たにした様子だった。

またCM公開に先駆けて、「SAVE the BLUE」キャンペーンサイトではWEB限定ムービーを公開する。沖縄の美しい自然に触れ、サンゴの株分け体験を経て感じた岩田のインタビューなど、ここでしか見られないシーンも。こちらもぜひチェックしてみていただきたい。

岩田剛典 コメント
―雪肌精 「SAVE the BLUE」キャンペーンCMに出演が決まった時の感想や意識したことは?
化粧品会社のCMに出演させて頂くのは初めてですし、男性が出演する話はあまり聞かないので、お話を頂いた時はまさかと本当に驚きました。雪肌精は以前から使用していたこともあるブランドだったので、尚更嬉しかったです!意識したことは、撮影中日やけしないように気をつけていました。

―今回の撮影で一番楽しかったこと、苦労したところは?
オールロケだったのですが、沖縄の強い日差しを浴びて大自然を感じながら、開放的な気持ちになりました!時期は9月下旬でしたので平成最後の夏を感じられた楽しい撮影現場でした。
ちょうど台風が多い時期だったので天候次第では撮りきれるか不安もありました。撮影当日も雲がかっていたのですが、ちょうど撮影時間だけは雲が通り過ぎて見事に綺麗に青空が広がって、また撮影が終わった瞬間に雨が降り始めたという本当に奇跡のような天候でしたね。撮影現場にいたスタッフの皆さんはきっと全員、晴れ男と晴れ女です。

―CMの見どころを教えてください。
オールロケで撮影した沖縄の海と空とサンゴ、大自然の美しさが感じられる爽やかな世界観です。実際に10年に渡って継続されてきたサンゴの株分けの様子も見られるので、そちらはWEBムービーでより詳しくお伝え出来るかと思っています。

―実際にサンゴを植える活動をしてみていかがでしたか?
生きているサンゴに触れたのは初めてでしたし、自分自身で株分けをする経験をさせて頂いて、自然の美しさや改めて環境保護活動を続けられているコーセーさんの取り組みは素晴らしいことだと思いました。もっともっとこの「SAVE the BLUE」の活動が世の中に浸透していくよう、発信していけたらと思います。

―男性美容が流行っていますが、美容に対するこだわりや意識していることはありますか?
美容とまで言えるか分かりませんが、自分は肌が乾燥しがちな方なので、スキンケアはしっとりタイプを選ぶようにしています。身体のコンディションが良くない時のパフォーマンスは気持ちが乗らなくなってしまうので、人前に出る時は自信を持って最大限のパフォーマンスが出来るよう日頃からコンディションを整えるように気をつけています。



この記事の画像一覧 (全 8件)