超個性派揃い「ミスiD 2019」GPに友望(とも)、準GPに十味(とーみ)を選出

芸能総合 公開日:2018/11/17 12
この記事を
クリップ
}/

ViViモデルの玉城ティナ、ゆうこす(菅本裕子)などを輩出。女の子”らしさ”という固定概念に捕われず、個々の可能性に目を向けた、ほかのオーディションとは一線を画す、まったく新しいタイプの女の子を発掘し育てるオーディションとして内外から注目を集める講談社主催の「ミスiD」。

今回も約4,000名の応募者の中から、厳正な審査で選ばれた96名のお披露目と、グランプリなど各賞の発表イベントが講談社本社で盛大に開催された。




ミスiD 2019」は、一般投票で1位となった十味(とーみ)、友望(とも)、詩島萌々、中森千尋、眉村ちあき、きのしたまこ、歩那(あゆな)、頓智気(とんちき)さきな、水沢柚乃、中野たむの10名が選ばれた。この中から、今年は混戦のため特設された準グランプリに、一般投票1位の十味(とーみ)が、そして「ミスiD 2019」グランプリには友望が輝いた。

準グランプリとして名前を呼ばれた十味は感謝の言葉を述べながらも「一般投票はみなさんからいただいた賞ですが、最終審査は十味としてではなく、本名の自分を審査してほしくて、すべてをぶつけたんですけど、ちょっとグランプリには足りなかったです。自分的には悔しいです。これからもっと自分の中身を磨いて、みなさんから”十味ちゃん推してて良かった”と思われるように頑張って行こうと思います」と無念さを滲ませた。選考委員からは「最終審査10分の中で覚悟を決めてやりきったのが伝わってきました。いろんなもの背負って、それでいて可愛くて、”存在が美しい子”だなと感動しました」と絶賛された。

ミスiD 2019」グランプリの栄冠を勝ち取った友望は一度女優になる夢を諦めていたといい、「自分ではいたくないと思っていた世界の景色をもう一度見たいと思わせてくれたのがミスiDなので、これから活動して行けたらと思います。人間っぽい役をやりたいです」と、再び目指した夢を語った。

実行委員長の小林司氏は「この子たちは”多様性の権化”なわけです。だから可愛い子を10人選んだのではなく、こういう10人がいることで、ほかの100人や1000人の人が生きられる10人を選んだつもりです。この子たちを見て、こういうやり方があるんだ、こういう生き方があるんだと、また夢を持ってもらえるような、それを伝えるのに十分な子たちだと思います」と総評した。






この記事の画像一覧