山下健二郎、本仮屋ユイカとの愛を取り戻して大逆転なるか!?「Love or Not 2」最終話

芸能総合 公開日:2018/11/09 3
この記事を
クリップ
}/

三代目 J Soul Brothers山下健二郎主演で、dTVとFODにて好評配信中のドラマ「Love or Not 2」の、最終話が2018年11月9日(金)より配信スタート。本作は、山下健二郎の初主演ドラマとして注目され話題を集めた前作「Love or Not」の反響を受け製作された続編で、彼女にフラれて大ピンチの崖っぷち男が愛を取り戻すまでを描く逆転ラブコメディだ。共演は前作から続投の本仮屋ユイカ町田啓太浅見れいな八木将康水沢エレナに加え、新キャストとして佐津川愛美細田善彦が参戦している。

本音を隠したまま、すれ違い続けてきた幸助(山下)と真子(本仮屋)。第五話で、幸助は真子を巡って一平(細田)と言い合いになり、そこで彼女が自身の父の借金で悩んでいることをはじめて知る。一方、真子は幸助に本当の気持ちを伝えるべく「会えない?」とメールを送ったのだが、あずさ(佐津川)が幸助のスマホを勝手に操作し削除してしまう…。




最終話あらすじ
幸助は、真子が父の借金で悩んでいたことを知り、それに気付けなかったことに落ち込む。さらに職場でもプロジェクトから外されそうになるピンチに陥るが、あずさの進言により救われる。

一方、幸助へのメールがあずさに削除されていることを知らずに返信を待つ真子は、思い立って直接会いに行こうとするのだが、彼があずさと2人で仲良く会話しているところを目撃し引き返してしまう…。その足で志保(浅見)と美鈴(水沢)のもとへ駆け込み、幸助について相談する真子。突然自宅を訪ねてきた亘(町田)と、真子について話す幸助。お互いを想うばかりに悩み、すれ違い続ける2人は、それぞれどのような決断を下すのか。

幸助と真子は“運命の赤い糸”を再びたぐりよせることができるのか!?

なおdTVでは、撮影の裏側を収めた短いメイキング映像を独占配信中。またdTV特設サイトでは、大好評のなか終了した、山下演じる宇佐美幸助に電話できるキャンペーン「Call or Not」の、電話の音声データ全5パターンを期間限定で本日公開。電話しそびれた人も、もう一度幸助の声が聞きたい人も、要チェックである。

(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン

この記事の画像一覧