飯豊まりえ、人生初に感動しすぎてウルウル「興奮しています」

芸能総合 公開日:2018/11/07 8
この記事を
クリップ
}/

女優の飯豊まりえが7日、都内で「東京ドームシティ ウィンターイルミネーション~江戸の粋・日本の華~」イルミネーション点灯式を行った。

自身初の点灯式イベントに振袖姿で気合十分の飯豊は「ここには5歳の時に祖母と一緒に戦隊モノを見に来ました。そのステージに立っていると考えるとエモーショナルで感慨深い気持ちになる」と熱弁。




イルミネーションを点灯させると「凄く興奮しています!私がみんなを代表して押している気持ちがあった。本当に嬉しい。ありがとうございます、嬉しい、みんな優しい。これまでクリスマスで特別な行事をやって来なかったので、いい思い出といい経験になった。テンション上がる」と目をウルウルさせていた。

またクリスマスの話題になると「サンタさんが最後に来たのは小5」と明かし「それまでは戦隊ヒーローのフィギュアやピアノのプレゼントだったのが、最後はお札が来た。『こんなのいらない!』と泣いた記憶がある」と大人の階段あるある披露。ショックで泣いたその翌日には「そのお札がなくなっていて、ゲーム機に変わっていた。サンタさん的にはそのお金で私の好きなものを買った方がいいのではないかと思ったようだけれど、ちょっと夢が現実になってしまった瞬間だった。今では面白エピソードだけど」と笑い飛ばしていた。

クリスマスの予定については「去年も今年もお仕事」と忙しそう。イルミネーションを見たい相手を問われると「父と一緒に見に来たい。私は美味しいものを食べようとする時とかは家族の時間を大切にしているので、父と行ったら喜んでくれると思う」と愛娘ぶりをうかがわせた。

関連タグ