桜井日奈子 2年振りのカレンダー、太ももチラ見せで艶っぽさ解禁

芸能総合 公開日:2018/11/03 10
この記事を
クリップ
}/

2014年に"岡山の奇跡"というキャッチコピーでデビューして以来、ドラマや映画、CMにと大活躍の桜井日奈子

今年は映画『ママレード・ボーイ』で初主演、そしてヒロイン役を務めた映画『ういらぶ。』が11月9日から公開を予定しており、女優としての活躍が目立っている。そんな彼女が2年振りのカレンダーブック『桜井日奈子 2019カレンダーブック』(KADOKAWA)をリリース。その発売記念イベントが3日、東京・渋谷MODIで行われ、カレンダーの見どころや女優として飛躍の年となった2018年を振り返った。




「カレンダーは今回で2回目なんですが、ずっと母から「今年は出さないの?」と言われていたので、2019年のカレンダーを出せて本当に嬉しいです♪」とカレンダーのリリースを喜んだ桜井。2年前に発売した当時は19歳とまだティーンエイジャーだったが、今回のカレンダーは「グッと大人っぽくなった自分が写っていると思っています。いつものメイクさんが違うこともあって、まだ21歳でしょ?と思われるかもしれないんですが、大人っぽくなっていると思われたら嬉しいですね」とセクシーな写真も掲載されているという。

特にお気に入りの1月は「太もももチラッと頑張ったじゃないですけど、良いかな?と思ったりします。色気が出ていたら嬉しいですね(笑)」と照れ笑いで、「カレンダーは日常で目にするものだし、私のカレンダーを見て「今日も頑張ろう!」と思ってもらえるカレンダーになったと思います。たくさんの方に手に取っていただきたいです」とアピールしていた。

前述した通り、今年は映画『ママレード・ボーイ』で初主演を果たし、公開を控えている『ういらぶ。』ではヒロイン役を熱演。2018年は女優として飛躍の年となったが、「今年もたくさん色んなことに挑戦できました。初主演の『ママレード・ボーイ』、ヒロインをやらせてもらった『ういらぶ。』、そしてカレンダーも出せましたし、自分の中で初めてがどんどんなくなってきましたね」と振り返り、「次は初めての時にした経験を活かそうと思います」と仕事熱心な一面も。

来年の抱負としては「色んなところでずっと言い続けているんですが、2019年こそはアクションに挑戦したいです。そのためにも体作りに最近ハマっていて、ジムでピラティスや筋トレをしながら体感を鍛えているんですよ。準備はしているつもりなので、いつでも「Come on!」っていう感じですね(笑)」と意欲を見せていた。そんな桜井は、私生活での抱負も言及。「プライベートを充実させたいなと(笑)。プライベートの経験がお芝居にも活かせると思うし、こんなことあるの?というぐらい悲惨な経験をしたいです(笑)」という桜井に「悲惨な経験って具体的には?」と報道陣が投げ掛けると「言えないです(笑)」と煙に巻いていた。


この記事の画像一覧

関連タグ