傳谷英里香、真っ白サンタ姿が似合いすぎてまるで雪の妖精

芸能総合 公開日:2018/11/02 20
この記事を
クリップ

9月をもって解散したアイドルグループ・元ベイビーレイズJAPANの傳谷英里香とファッション誌『Ray』(主婦の友社)専属読者モデルの竹内彩花と現役東大生の大野南香が、都内でセブン-イレブン・ジャパン『2018年クリスマスケーキ試食会』にサンタの衣装で登場した。

この日が23歳の誕生日の傳谷は、「このあとの予定は舞台のけいこです」と誕生日も仕事だという。偶然にもこの日が誕生日という竹内は、「今日は家族でお祝いをしてもらいます。二十歳になるので、お酒が飲めるのが楽しみです」と笑顔。




クリスマスケーキの新作発表という場所で、傳谷と竹内が誕生日を迎えたことで、サプライズで新作ケーキが贈られた。一番人気のクリスマスかまくらを食べた傳谷は、「うーん美味しい。スポンジがふわふわで、中のカスタードがしっかりしていて、甘さも甘すぎないで丁度いいです」と笑顔で食レポ。

クリスマスの思い出を聞かれた傳谷は、「グループ活動をやっていたときは、いつも年末にライブがあって、そのリハーサルをしていることがほとんどでしたけど、去年はひと周り離れたお姉ちゃんの家族とサンタさんの格好をして過ごしました」と話した。

クリスマスの予定を聞かれた竹内は、「私はまだ決まっていませんけど、大学の仲のいい4人の友達と女子会をしたいと思います。みんな二十歳になったので、シャンパンとか飲んでみたいです」。大野は、「私は10代最後のクリスマスになるので、特別感を出したくて、ずっと行ってみたかったドイツのクリスマスマーケットに行ってみたいです」。傳谷は、「普段あまりケーキを食べることがなかったので、せっかくなのでこのかまくらを注文したいです」とそれぞれコメント。 クリスマスを誰と過ごしたいかと聞かれたると「仕事があるかないかはギリギリまでわからないので、また今年もお姉ちゃんの家族にお世話になるかもしれないです」と話した。

この記事の画像一覧 (全 9件)

関連タグ