DAIGO “手袋封印”で父親役を熱演、北川景子も絶賛「NKR」

芸能総合 公開日:2018/10/31 20
この記事を
クリップ
}/

タレントのDAIGOが31日、都内で行われたカゴメ「野菜一日これ一本」新CM発表会に出席。新CMで幼い娘を持つお父さん役を演じたDAIGOは「できあがったものを観て思ったのは、これドラマ映画の仕事増えるなと…」と自画自賛し、会場を笑わせた。

仕事に追われながらも家族のために頑張るサラリーマンを熱演したDAIGOは、自身のチャームポイントである“手袋”を封印して撮影に臨んだ。「普段はロックミュージシャンなので、いかにロック感を削ぎ落とすかが1つの大事なポイントだった。まず手袋をしないのはマスト。この格好で手袋していると台無しになるので」と力説し、「あと髪型を黒く染めて、髪も切った。会社勤めしているようなお父さんを作り上げるために」と役作りを語った。




テレビCMとは別に、長編版となるWEBムービーも同時に公開される。娘との朗らかなシーンも多く、夫の演技に、妻の北川景子も「CMを観せたら『NKR、泣ける』と言っていました」と“DAI語”で絶賛したという。

今年40歳となったDAIGOは、健康のために「奥さんもいますし、2人で夜な夜なストレッチをしたりとか。家にストレッチ器具がめちゃくちゃあるので、それを駆使してやっている」と明かし、「結婚して改めて思ったが常に健康でいることの大切さが身にしみて分かる。健康でい続けることで誰かを支えて、いい仕事もできる」としみじみと語った。

理想の家族像を聞かれると「温かい家庭」と回答し、理想の父親は実父を挙げた。「厳格な父でしたが、年を重ねて柔らかい愛情溢れる父親に。僕がバラエティーを本格的に始めて10年経つけど、いまだに僕の出る番組全部観てくれていて、あれは面白かったとか言ってくれる。CDが出ると渋谷に繰り出して何枚か買ってくれる。すごく応援してくれていますね」とうれしそうに話した。

新CMは11月1日より全国で順次公開される。