松井玲奈、初の短編小説について考え明かす「お好きにどうぞ」

芸能総合 公開日:2018/10/29 5
この記事を
クリップ

女優の松井玲奈が27日、ブログを更新。自身初となる短編小説「拭っても、拭っても」が完成し、「新鮮な作業でした。作る、作り出す仕事をしている人達は凄いのだなと。尊敬の念しかありません。」と心境を明かした。

「10/27」と題して更新したブログ。「小説すばるに掲載されている『拭っても、拭っても』読んでいただけているでしょうか?発売中の『青春と読書』という本で執筆のことについて書いてます。」と自身初となる短編小説について触れ、「語れば多くなるけれど、語りすぎるのも良くないので、自分が書いたものに関してはああだこうだと言いません。読んだ方が受け取ったままに委ねます。お好きにどうぞと、少し突き放すくらいの距離感で。笑」と作品に対する反応への考えを述べた。

続けて、「これがきっかけで、普段活字を読まない方にも本を読むきっかけが出来たり、私のまだまだつたない文章でも少し面白いと思って、まだ出会ったことのない人の日常に潜り込めたら、それで幸せです。」と思いを明かし、「自分の身から出たものと言いますか、自分から0を1にして誰かに届けることって今までなかなかしたことが無いので、新鮮な作業でした。作る、作り出す仕事をしている人達は凄いのだなと。尊敬の念しかありません。」と心境を綴った。

現在、女優の安藤サクラが主演を務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」(毎週月~土曜朝8時)や、女優の山口紗弥加が主演を務めるドラマ「ブラックスキャンダル」(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)に出演している松井。




「今月の口癖が11月になれば、だったのでもうすぐ11月。やりたかったこと、やるべきことを気持ちを新たに挑戦したいなと思ってます。挑戦って程でもないか。笑 自分の生活のリズムを取り戻す、そんな11月かな。」と決意。「なかなか色々な部分に振り回されながら生活していたので、久しぶりに参ってしまうこともありまして。」と吐露するも、「でも、その分、形に残っていればと思います。ブラックスキャンダルのお話も、またその時が来たらしようかな。忘れちゃうかもだけど。東京国際映画祭も来年も参加できますように。」と、東京国際映画祭でのオフショットを公開しブログを締めくくっている。

この投稿にファンからは、「玲奈、よく頑張っているねぇ」「ホント素晴らしかったです」「デビュー作とは思えない」などの感想や、「朝ドラのまんぷく、ブラックスキャンダルを楽しみにしております!」「オフショットもとても綺麗で素敵」「まんぷくの玲奈ちゃんの昭和の装いが似合い過ぎてて癒されます」と様々なコメントが寄せられている。

この記事の画像一覧

関連タグ