久松郁実、3年ぶり写真集で大胆セクシーに挑戦「ファンの方はびっくりされると思う」

芸能総合 公開日:2018/10/28 21
この記事を
クリップ

モデルの久松郁実が28日、都内でセカンド写真集「LA」(講談社刊)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

19歳のときに発売したファースト写真集から3年ぶりとなる同写真集は、初めて訪れたロスアンゼルスを舞台に、ビーチや荒野、ゴージャスな洋館などで撮影を行い、キュートな笑顔と艶っぽい表情のギャップや、まろやかさが加わったダイナマイトボディなど、オトナ可愛い22歳の魅力を収録。さらに、普段は見せないランジェリー姿に加え、ファン騒然の大胆SEXYにも初挑戦している。




3年ぶりとなる同写真集のどんなところをファンの方に見てほしいか尋ねられた久松は「今までは元気なイメージのグラビアが多かったんですけど、今回はその雰囲気をガラリと変えて、大人っぽい私をたくさん見てもらいたいなと思ったので、テーマを“大人”にして撮影しました」と紹介し、「私も打ち合わせの段階から参加させていただいて、自分が着てみたいランジェリーや、挑戦してみたいカットをたくさん打ち合わせをして決めました。ランジェリーもいくつかあるんですけど、全部、素材感とか形が違っていて、1個1個すごく雰囲気が変わっているので、そこにも注目してほしいなって思います」とアピールした。

また、挑戦したカットの詳細を聞かれると「それは見てからのお楽しみです(笑)」と照れ笑いを浮かべ、「今までになかったカットなので、多分ファンの方はびっくりされると思うんですけど、ぜひ見ていただきたいです」とニッコリ。胸をシャツやシーツだけで隠しているカットも収録されているが、恥ずかしさはなかったか尋ねられると「いつもお世話になっているスタッフさんだったので抵抗はありませんでした。撮影は淡々と進みましたね」と回顧した。

さらに、お気に入りのカットには、黒いビキニを着て浜辺でうずくまっているカットを挙げ「めちゃくちゃ光が綺麗だったなと思って、表紙には違うカットが使われているんですけど、私はお気に入りでこの見開きのカットを選ばせていただきました」と声を弾ませ、そんな写真集に自己採点を求められると「満足いくものができたので120点です!」と胸を張った。

そんな写真集をまだ誰にも見せていないという久松は「いつも私のグラビアをおばあちゃんがチェックしてくれているんですけど、今度会ったときに感想を聞きたいなと思います」と目を輝かせつつも、「前作はハワイで撮影をしたんですけど、私よりもハワイの景色を見ていたので、今回は私を見てもらいたいですね(笑)」と願望を語った。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ