トリンドル玲奈&玉城ティナ「ViVi」からの卒業を発表、後輩たちへメッセージ

芸能総合 公開日:2018/10/23 12
この記事を
クリップ

モデルのトリンドル玲奈河北麻友子、八木アリサ、玉城ティナemma藤田ニコルが23日、東京・豊洲PITで開催された雑誌『ViVi』主催のガールズイベント「ViVi Night in TOKYO 2018 HALLOWEEN PARTY」の開演前に、囲み取材に応じた。

同イベントのフィナーレで、トリンドルは来年1月売りの号をもって、玉城は今年12月売りの号をもって、それぞれ『ViVi』専属モデルを卒業することを発表するとのことで、事前に行われた囲み取材で卒業理由を聞かれると、トリンドルは「今26で、(卒業する)1月で27歳になるんですけど、7年間『ViVi』をやらせていただいて、年齢的にも後輩たちに席を譲るじゃないですけど、時期的にちょうどいいのかなと思って『ViVi』側とも相談して卒業することにしました」と説明し、玉城は「14歳から『ViVi』をやらせてもらって、今21歳なんですけど、年齢だけ聞くと全然早いと思う方もいらっしゃると思うんですが、私って物事を先に決めてから気持ちがついてくるタイプなので、私的にはすごくちょうどいい時期なんじゃないかなと思いました」と打ち明けた。




『ViVi』での活動を振り返っての感想を尋ねられると、トリンドルは「もともとオシャレでもないですし、ファッション性も全然ない中で、『ViVi』が私をモデルにしてくれたといいますか、読者の方たちや周りの方たちに支えられて『ViVi』で7年間活動できたので、本当に感謝してもしきれない感じです」としみじみと語り、玉城は「最年少タイで表紙をやらせてもらったことが私の中でも気持ちに残っていますし、嬉しかったことですね。(当時は)早いなとか、ありがたいなという気持ちでいっぱいで、当時は先輩がたくさんいて、その中で必死について行く感じだったので、その中で表紙をやらせてもらうことは少しプレッシャーに感じながらもありがたいことだなと思いました」と回顧した。

また、卒業までにやっておきたいことについてトリンドルは「撮影期間はあと2ヶ月くらいになるので、本当に全力で、もっと可愛くなりたいです(笑)」と笑顔を見せ、玉城は「私は11月で撮影はひと段落してしまうので、卒業してもまた大きくなって表紙とかで呼んでいただけるように私も頑張るので、まだ終わりだとは思っていないです」と吐露。

さらに、後輩たちに伝えたいことを聞かれると、トリンドルは「藤井リナ先輩にすごく相談に乗ってもらっていたんですけど、すごく優しい先輩で『なんでそんなに優しいの?』というのを聞いたときに、『私はViViに携わっている全部のことが大好き』って言っていて、そのときに聞いて感動して、それから私もそう思うようにしているんですけど、それは後輩の子たちにも思っていてほしいなと思います」と目を輝かせ、玉城は「『ViVi』は私がモデルを始める前から見てきて、時代を象徴するような雑誌だと思うので、それぞれ一人ひとりが自分らしくやっていると、『ViVi』にいいスパイスが加わるんじゃないかと思うので、頑張ってほしいな思います」とメッセージを送った。また、“自分にとって『ViVi』は○○”の○○に入る言葉を求められると、トリンドルは「人生」、玉城は「スタート」とそれぞれ答えた。

最後に、今後の活動について聞かれると、トリンドルは「私は『with』という雑誌に行きます(笑)。またイチから頑張って行きます」と気持ちを新たにし、玉城は「雑誌などは決めていないんですけど、いま女優のお仕事もさせていただいているので、スクリーンやドラマなどでお仕事をしつつ、ファッションも好きなのでモデルのお仕事もこのままやらせてもらえたらなと思います」と意気込みを語った。

イベントでは、ファッション誌『ViVi』ならではのオリジナルファッションショーをはじめ、M!LKのライブや小関裕太といったゲストも出演してステージを盛り上げ、さらに2名の専属モデル卒業報告や、新所属モデル・愛花のお披露目ステージも行われた。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連記事