ほのか、パステルカラーのニット一枚「ヘルシーなエロさ」表現

芸能総合 公開日:2018/10/22 11
この記事を
クリップ
}/

横浜ベイスターズの本拠地、横浜スタジアムで、ビールの売り子として勤務している姿が「あまりにも可愛すぎる!」と話題になり、2016年5月には「可愛いすぎる売り子・芸能界デビュー」となった、ほのか

その後はグラビアモデルとして「週刊ヤングジャンプ」のグラビア新星発掘グランプリ「ゲンセキ2016」にエントリーすると、見事グランプリを受賞するなど評価も著しく、メディア露出も快調な勢いで伸びている。




そんな、ほのかが昨年に引き続き2019年版カレンダーを発売するということで、10月21日(日)福家書店・新宿サブナード店にて、発売イベントを開催し、取材陣の前でお気に入り写真や今後の豊富などを語った。

今回の作品はやはり大学卒業という一大イベントにより、大人に近づいた内容に仕上がっている。中でもパステルカラーのニット一枚で挑む写真が一番のお気に入りのようで、「ヘルシーなエロさがある」「キレイに撮って頂いた」とご満悦の様子。他にも黒ベースの花柄ビキニ姿にはセクシーさを詰め込むことが出来たため、「いい感じの色気が出せているのかな」と自信をのぞかせていた。

今後は取りたてのスキューバーダイビングライセンスを活かした撮影や、トークで活かせる瞬発力を身につけ、バラエティ番組にもっと出たいというほのか。11月には「普通は走り出す」でスクリーンデビューも果たすというこの勢いを見ていると、夢が実現し“ビールでカンパイ”という日も近いかも。


この記事の画像一覧

関連タグ