馬場ふみか、恋人に「そこまで完璧求めてない」

芸能総合 公開日:2018/10/21 10
この記事を
クリップ

女優の馬場ふみか佐野ひなこ久松郁実が21日、都内で行われた現在放送中の連続ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」(ABCテレビ・テレビ朝日系)女性限定イベントに参加した。

仲良し3人組が夜な夜な女子会を開き、自分の周りのダメ男について恋バナを繰り広げるドラマ。イベントでは女性だけを招き、飲み物を片手にドラマの裏話などに花を咲かせた。




馬場は元ヤンで女子高育ちの円(まどか)、佐野はマザコン彼氏と同棲中の佐和子、久松はマンガがバイブルの千代を演じている。役柄と自身のギャップを聞かれた馬場は、「ギャップがあるって言っちゃいけない空気?」とスタッフの顔色をうかがいながら苦笑いしつつ、「(ギャップ)ありますよ。そこまで完璧の男性を求めていない。私のほうが寛容ですよっていう気持ち」と答えた。

佐野は「(佐和子は男を)甘やかしちゃうから、ちょっとダメって思うけど共感する部分もある」といい、久松は「千代は嫌なことをみたら嫌!と逃げるけど、私は逃げない。1回自分の中で飲み込みますね」とそれぞれ明かした。

ドラマのオープニングでは、TWICEが歌う主題歌『STAY BY MY SIDE』にのせ、3人が“ダメ恋ダンス”を披露している。過去にバレエを習っていたため「ダンスには馴染みがある」と馬場が話すと、久松も「高校時代にダンスの授業があった」と告白。しかし佐野は「何もやっていないし、リズムとれないし、最悪!」と嘆き。しかし「ダメ恋のダンスはかわいくてリズムとりやすくて助かりました…」と安堵していた。

この記事の画像一覧 (全 20件)