吉沢亮が最高にキュート、”レッサーパンダ”の着ぐるみ姿を公開

芸能総合 公開日:2018/10/18 10
この記事を
クリップ

ドキドキの恋と芸能界への夢を追いかけるシンデレラ♡ラブストーリー『あのコの、トリコ。』

この度、落ち込む新木優子(雫)をなんと!”レッサーパンダ”の着ぐるみ姿で全力応援する吉沢亮(頼)に悶絶必須な本編映像が公開された。

雫の所属する芸能プロダクションの社長・奥井(古坂大魔王)からの依頼で、頼は雫の付き人になることに。ランジェリー広告の撮影当日、女優を目指しながら普段はモデルとして活躍する雫も、初めての下着での撮影に戸惑いを隠せない様子。共演する幼なじみで圧倒的な人気を誇る若手俳優の昴や撮影スタッフを待たせている中、控え室からなかなか出てこない。頼が心配して様子を見に行くと、「下着なんて水着と一緒。頑張れ私。」とつぶやきながらも部屋のすみっこでひざを抱える雫の姿が。どうにか雫を勇気づけようと考えた頼は、偶然、レッサーパンダの着ぐるみを見つけて―。

控え室でうずくまる雫の前に現れたのは、レッサーパンダの着ぐるみ姿の頼だった!「初めまして!ボク、レッサーパンダのレッシーだよ!元気出してよ!」と普段の地味で冴えない頼から想像もつかない声量と姿に思わず呆気にとられる雫。すると「泣き止んだ!その調子!君の夢は女優になることでしょ!夢に向かって一歩前進だ!」と、全力で雫を励ますと、雫の気持ちにも変化が。雫はすぐに立ち上がり、着ぐるみの頭を取る。「馬鹿じゃないの!頼、キャラ変わりすぎ!」と、着ぐるみで別人になりきりキャラ変した頼に突っ込む。しかし雫は、頼のお陰で気持ちを切り替えることができ、撮影現場に復帰することになるが・・・。

雫の女優になるという夢を誰よりも理解し、応援する頼だからこその機転とやさしさでピンチを乗り越えることができた!「まだまだ観ていたい」と、惜しまれつつ最終回を迎えた日本テレビ系連続ドラマ「サバイバル・ウェディング」でもシロクマの着ぐるみ姿を披露し話題なっていた吉沢。そんな吉沢演じる超がつくさわやかイケメンの広告代理店・宣究社社員の柏木祐一に、癒される女性視聴者が続出!”吉沢亮ロス”になっている視聴者の声も聞こえてくる。そんな”吉沢亮”ロスに陥っている日本の女性は、『あのコの、トリコ。』のさわやかな吉沢亮×レッサーパンダの最強の組み合わせに100%“トリコ”になること間違いなし!

「私も応援されたい!」とそのキュート♡さに悶絶必須の本編映像に仕上がっています。この秋、女の子の憧れがたくさん詰まった映画『あのコの、トリコ。』をピックアップして劇場に足を運んでみては?大好きな“あのコ”と芸能界への“夢”を追いかける映画『あのコの、トリコ。』は、大ヒット上映中!。

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

2/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)