Hey! Say! JUMP中島裕翔、元号変更後のグループ改名は?「ジャニーさんに聞いてみないと」

芸能総合 公開日:2018/10/15 8
この記事を
クリップ
}/

第35回ベストジーニスト2018授賞式が15日都内で行われ、Hey! Say! JUMP中島裕翔と俳優の高橋一生らが出席した。




一般選出部門で2年連続受賞となる中島は“平成最後の受賞”に「平成最後のベストジーニストに、平成と名の付くグループの一員である私がとることができて嬉しいです。諸先輩方が取ってきた賞で憧れの一つ。そんな賞に2回もこうして選出されたことは光栄なこと。僕の歴史の中に残る賞」とシミジミ。

来年は新たな元号となるが、グループ改名については「変わらないと思う。平成という意味だけではなく、Hey! Say!という意味もあるので。ジャニーさんに聞いてみないとわからないけれど…」と話した。

協議会選出部門で受賞した高橋は「自分が10代の頃から目にし、耳にしていた賞を受賞できて嬉しいです。自分にとってジーンズは肌の一部、生活の一部。こういった賞に選出していただき、光栄なこと。これからもジーンズを愛し続けたい」と初受賞に嬉しそう。この日のファッションは私服で「こだわりは特に何もないです。普段通りに、普段着のままで来ました。この後にドラマの撮影があるので、このままの姿で現場に向かいます」と大舞台でも自然体だった。





このほか一般選出部門で菜々緒が3年連続受賞で殿堂入りを果たし、協議会選出部門で荻野目洋子長谷川潤が受賞した。殿堂入りでゴールドの盾を受け取った菜々緒は「ゴールドのものを貰うのは初めてなので嬉しい。平成最後の20代最後の年に賞を貰えたことも嬉しい」と声を弾ませながら、菜々緒ポーズをリクエストされると「心の準備はしてきました」とカメラマンの要望に応えて、何度も美尻を強調する姿勢をとっていた。