西畑大吾 “引きずり女”を質問攻め、プライベート明かす一幕も

芸能総合 公開日:2018/10/09 9
この記事を
クリップ

10月13日(土)よりスタートするドラマシリーズ「大阪環状線 Part4 ひと駅ごとのスマイル」(関西ローカル・毎週土曜日午前10時25分~10時55分)の上映会が8日、大阪市内で行われ、出演者の間寛平、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)が舞台挨拶に登壇。それぞれの出演作の見どころや撮影裏話などを語った。

本作品は、2016年に放送を開始。JR大阪環状線の各駅を舞台にした10話のオムニバスドラマで、第4弾となる今シリーズのテーマは、第3弾同様“スマイル”。大笑いから泣き笑いまでさまざまな感情の笑顔に彩られた恋愛や友情、家族愛などの人間ドラマを描く。

舞台挨拶では、客席からの黄色い大歓声に迎えられ、ステージに登場した西畑。先ごろ、関西ジャニーズJr.の新ユニット「なにわ男子」の結成を発表して話題を集め、明日9日(火)よりスタートするカンテレ・フジテレビ系ドラマ「僕らは奇跡でできている」(毎週火曜 午後9:00~)に出演するなど注目度急上昇中とあり、会場には多くの女性ファンが詰めかけた。そんな西畑は、ドラマ「大阪環状線 Part4」ではマスコットキャラクターとして活躍。大阪に住む19歳の大学生・水澤つるぎ役で全10話に出演するほか、第9話の天満編(12月15日放送)、第10話の特別編(12月22日放送)で前・後編を放送する「差出人のない手紙」で宇崎竜童とダブル主演を務める。

トークでは、司会の関純子カンテレアナウンサーから“マスコットキャラクター”にかける意気込みについて聞かれ、「“マスコットキャラクター”って、普通はかわいい着ぐるみとかが多いですけど、僕は生身じゃないですか。そこはちょっと恥ずかしいですね(笑)」と笑わせた西畑。「でも、任命されたからには、たくさんの方にドラマを見ていただけるよう、いろんなところで宣伝していきたいです」と張り切った。さらに話題は、ドラマの舞台となっている“JR大阪環状線”へと移り、好きな駅として居酒屋などが密集する「天満駅」をあげた西畑が「僕も20歳を超えて“大人のお飲み物”も飲めるようになったので、そういうお店も気になります(笑)」とプライベートを明かす一幕も。

そんななか、会場が突然暗くなり、どこからか聞こえてくるのは、でんでん太鼓の怪しい音。「ちょっと待って!この音はまさか!?」という西畑の声とともに、白塗りメイクに真っ赤なロングドレス、地面まで伸びた長い髪にヤカンや携帯電話、虫かごなどさまざまな道具を絡みつけ、引きずりながら歩く寛平が登場し、客席からどよめきと笑いが起こった。




寛平のこの奇っ怪な姿は、第8話の今宮駅編「引きずり女は福を呼ぶ」(12月8日放送)で演じている“引きずり女”の扮装。自身が考案したキャラクター引きずり女は、ドラマでは、今宮に伝わる“伝説の妖怪”で、人の未練や思い出が詰まった物を、超ロングヘアで絡め盗っては去っていく謎の存在という設定だ。うらめしげな声で「引きずり女でございますぅ~」と自己紹介した寛平。あっけに取られる客席に「引きずり女は客が引く~」と自虐ギャグを放つと、会場は大きな笑いに包まれた。

この後、ステージでは引きずり女のギャグを生み出すヒントになったという「難波本町でめちゃくちゃ有名やった“じゃまくさがり(めんどうくさがり)のオッチャン”」の逸話や、30年ほど前、引きずり女を初披露した公開生放送の番組で「200人ぐらいいるお客さんが、一斉にシーンって引いてん!」と苦い思い出を明かすなど、寛平の爆笑トークで大盛り上がり。これに大笑いの西畑は、やはり引きずり女の髪にどっさりと絡みついている道具が気になって仕方がないらしく、「髪にヤカンついてますよね。重くないんですか?」「こんなにたくさんつけるの、時間かかりそうですよね?」と質問攻めに。

最後には寛平、西畑がドラマの見どころをアピールした。西畑は「関西の方なら見たことがある景色がいっぱい出てきますし、こんないいところもあったんやと新しい発見をさせてくれるドラマ。いろんな笑いにも注目してください」とPR。一方、寛平は第8話を「今宮らしいドラマになっていると思います」と語り、「みなさん、人生いろいろあったと思うけど、引きずってたらアカン!その思いを私が全部取らせていただきましょう!送って!」と観客の引きずりの“念”を全身で受けてみせるなど大サービス。さらには、「ウンバラバー!」となぞの呪文で福を授け、会場を盛り上げていた。

舞台挨拶終了後には囲み会見が行われ、西畑が出席。実は初対面だったという寛平の印象を「まさか“引きずり女”の姿で最初にお会いすることになるとは(笑)。でも、すごくフランクに話していただいて、僕自身も舞台挨拶が楽しめたので、すごく感謝しています」と話し、満面の笑み。また、祖父と孫という役どころで共演する宇崎とのエピソードも披露した。「エキストラの方が持っていらしたアコースティックギターのチューニングが合っていなかったんです。宇崎さんが『チューニングしてあげるよ』って合わせてくださったんですが、そこから宇崎さんのロック魂に火がついたみたいで、その場で即興ライブをしてくださったんです」とうれしいハプニングを振り返った西畑は「このことで、スタッフもキャストも現場がひとつになれたとすごく感じました。すごく温かい方で、現場でいつもリーダーシップをとって引っ張っていただきました」と大先輩への感謝をにじませた。

「土曜の朝、ほっこりしたいときに見ていただければ。でも、泣ける回もあるので、女性はお化粧の前に見てください(笑)」と西畑がPRする、個性あふれる人間ドラマが全10話。大阪の町で繰り広げられる、さまざまな“笑顔”の物語「大阪環状線 Part4ひと駅ごとのスマイル」に期待したい。

■番組情報
番組名:「大阪環状線 Part4 ひと駅ごとのスマイル」(関西ローカル)
放送日時:10月13日(土)スタート 毎週(土)午前10時25分~10時55分(関西ローカル)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)