飯豊まりえ、杉咲花に感謝を伝えたい理由とは?

芸能総合 公開日:2018/10/04 12
この記事を
クリップ

毎週土曜の朝8時30分からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで大阪から生放送されている「にじいろジーン」で飯豊まりえが新コーナーのレポーターを務めることがわかった。

10/6(土)OAから、新コーナー「感動!感涙!感謝!にじいろ3Kanヒロイン」がスタートする。このコーナーでは、仕事や家族、夢のため…など、世の中でなにかを頑張っている女性に密着。日々努力していることを「感動」「感涙」「感謝」という3つの切り口から紹介。仕事をしていて感動する瞬間や仕事で涙したエピソードなどから、その仕事の舞台裏を紹介。最後には、お世話になった恩人に手紙で感謝を伝える。

初回は番組レギュラーの飯豊まりえが、三重県にある水族館「伊勢シーパラダイス」で飼育係を務める女性に密着。エサの準備やアシカのトレーニングを通して、一見華やかな仕事の大変さを実感。なお、飯豊は今後もこのコーナーのレポーターを務める。




ロケを終えた飯豊は、「レポーターという役回りは初めてだったので、すごく新鮮でしたし、難しかったです。水族館で働かれている女性の頑張っている姿を肌で感じることが出来て、素敵な時間でした。気持ちが高ぶる瞬間を一緒に共有できるって、鳥肌が立ちますよね。最後は、皆が幸せになって終われるコーナーなので、朝にピッタリです」と大満足の様子。

コーナーにちなみ「今感謝を伝えたい人は?」という質問には、「両親ですかねぇ。母親には今でもちょっと時間があったら、テレビ電話をして話を聞いてもらうんですよ。小さい頃からお仕事しているんですけど、送り迎えをしてもらったり、ずっと支えてもらっています。やっぱり直接ダイレクトには照れくさくて言えないので、お仕事で伝わったらいいなと思っています」と、素直な思いを明かした。また、女優の杉咲花にも感謝を伝えたいらしく、「花ちゃんが『まりえちゃんに会えるの楽しみに、お仕事頑張ってるよ』って言ってくれるんですよ!そんな風に言ってくれる友達いなかったので、ホントうれしいです」と熱っぽく語った。

今後もレポーターとしてロケに出ることについては、「楽しみです。いろんな方と出会える機会は毎回ありがたいです。すごく新鮮で、自分のスパイスにもなります」とヤル気充分ながら、自身のレポーターぶりについては、「いや、大目に見ていただけたら…」と苦笑い。「成長過程も、あたたかく見守っていただけたらうれしいです」と呼びかけつつ、「気楽に見てもらえると思います。でも最後は、ホロリとする部分もあるので、すごく緩急のあるコーナーです。楽しみにしていてください」と新コーナーの見どころをアピールした。

さらに、番組おなじみの海外コーナーも「世界の街のコレ知ってる?ジーンちゃんが深掘リサーチ!」という、新コーナーに。ジーンちゃんが、世界各地の街を“深掘り”して徹底“リサーチ”。あまり知られていない歴史や、現地に行かないと知ることができない最新情報などを、たっぷりとお届けする。この10月からますますパワーアップする「にじいろジーン」に期待したい。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)