榮倉奈々、幼少期の写真公開「恥ずかしい…」

芸能総合 公開日:2018/10/03 8
この記事を
クリップ

女優の榮倉奈々が3日、都内で行われた写真展「肌。Biore×篠山紀信 0→100歳 展」オープニングイベントに出席。「恥ずかしい」と照れながらも、3歳と小学校低学年の時の写真を公開。子供時代を「外で遊ぶのが好きで活発だった。毎年、海やプールに行っていたし家でゲームしているよりは公園にでかけるような子どもでした」と振り返った。

3歳の時の写真は「七五三でケーキを食べている」ほほ笑ましいショット。「こういう節目の日を大切にしてくれて両親に感謝している」といい、もう1枚は「小学校低学年で友達と水族館に行った時のもの。このポーズは何なんだろう?」と自分にツッコんでいた。




「肌。Biore×篠山紀信 0→100歳 展」は0歳から100歳までの計101人をカメラマン・篠山紀信氏が撮影し、自分らしく輝く姿を展示する。「30歳」のカテゴリーには榮倉がモデルとして起用されている。

篠山氏との初めての撮影は「緊張した」というが、「篠山さんがとてもラフに接してくれて。天気も良くて気持ちのいい撮影だった」と充実の表情。「撮影した時、肌の調子が良くてありがたかった。この時の肌に点数を付けるなら?うーん、遠慮しないで言ったら100点に近い日でしたよ!」と自信たっぷりに語った。

榮倉が、日々“きれいのために”心がけているのは「その日のうちに汚れは落とす」こと。「特別なことを定期的にするより、毎日やることを作ることが大事。一度、基本を振り返ることが大切だと思っています。食べ物も大事ですね」。また「私の友達や家族が生き生きしていて何事にも前向きに進む人が多い。そういう人とお話をすると自分も頑張ろうと思えるし、楽しもうとする。それが“きれい”に繋がっていると思います」と話した。

同展は10月3日から8日まで東京・表参道ヒルズ本館の吹き抜け大階段にて実施される。入場は無料。


この記事の画像一覧 (全 15件)

関連タグ