山谷花純 米倉涼子新ドラマにゲスト出演、難役こなす

芸能総合 公開日:2018/09/30 10
この記事を
クリップ

 映画「コード・ブルー」でも坊主頭姿のヒロインを演じ、話題を博している女優の山谷花純が、10月11日(木)夜9時より放送されるテレビ朝日系ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第1話にゲスト出演することが決定した。

山谷花純は、2007年にエイベックスが主催するオーディションで合格し、10年前に女優デビュー。その後、スーパー戦隊シリーズの「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のモモニンジャー役に出演するなど、舞台、映画など幅広い活躍。今年公開された映画「コード・ブルー」では丸刈りのヒロイン役で出演し、その演技で注目を集め、今回のドラマへの起用も決まるなど、今、若手女優の中でも注目を集めている。




山谷は今回の出演にあたり、「台本を頂いた時、なんとも言えない高揚感に包まれました。人気シリーズの新作の幕開けに自分も関わることができて心から嬉しく思います。」と、意気込みを語っている。さらに、撮影中の様子を聞いてみると、「米倉さんが本当に綺麗で見とれてしまいました。最初のシーンでは、美しくてまともに目を見る事ができませんでした。凄くドキドキしたのを覚えてます。」と米倉涼子への憧れを語った。

今回、山谷を起用するにあたり、テレビ朝日・大江達樹プロデューサーは、「山谷花純さんはどんな役でも体当たりで挑み、見ている人に覚悟のようなものを感じさせる稀有な女優さんだと思います。今回の痴漢被害者という難しい役どころも、彼女ならその女優魂で見事に演じきってくれるはずと確信を持ってオファーしました」とコメント。今後の女優としてさらなる飛躍が期待される。

今作「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」は、2012年以降全5シリーズに渡ってテレビ朝日木曜ドラマを盛り上げてきた大ヒットシリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に続き、米倉涼子が主演となり、スキャンダラスな元弁護士を演じる新感覚のリーガルドラマ。弱小弁護士集団が、大手法律事務所に勝利をかけて無謀な戦いに挑む内容となっております。共演者には、向井理、林遣都、菜々緒ら豪華出演陣もおり、新たな木曜ドラマの定番となることが期待されている。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ

関連記事