鈴木愛理 渡辺梨加 吉田朱里らモデル12人が夢の競演、「Ray学園祭」開催

芸能総合 公開日:2018/09/26 5
この記事を
クリップ
}/

2018年9月20日に新宿のルミネゼロにてファッション誌Rayの創刊30周年記念イベント『女の子だけのRay学園祭、夢が叶う♡女子力UPフェス』が開催された。会場には抽選で選ばれ、ドレスコードのピンクを身に着けた女性読者400名が集まった。

18:00になるとランウェイがライトアップされ、Rayモデルたちによる『ファッションショーPART1』がスタート。最初に松井愛莉と登場したのはトレンディエンジェル斎藤司!会場はいきなり大きな歓声に包まれた。そして最新トレンドのファッションに身を包んだRayモデルたちが次々と登場すると会場はヒートアップ。モデルたちの名前が書かれた自作のうちわを持った読者も多く、それに応えるようにモデルもサービス精神旺盛に手を振ったり、投げキスをしたり、満面の笑顔だった。




ランウェイを歩いたRayモデルは鹿沼憂妃松井愛莉、松元絵里花、鈴木愛理上西星来加藤ナナ、岡崎紗絵、中村里帆渡辺梨加(欅坂46)、吉田朱里NMB48)、西川瑞希、そして斎藤司トレンディエンジェル)の12名。モデルたちが歩くたびに「カワイイ!」という声が飛び交っていた。この1stステージでは『dazzlin』『LAISSE PASSE』『MAJESTIC LEGON』『earth music&ecology』の4ブランドのショーが行われた。
 
次に行われたのがモデルによる『30周年スペシャルトークショーPART1』。メインMCは斎藤司。トークメンバーは加藤ナナ渡辺梨加吉田朱里西川瑞希上西星来の5名。

斎藤から渡辺に「人見知りで有名だとは思うんだけど、みんなとは打ち解けてますか?」と質問すると、「ぺーちゃん(渡辺)の行動にみんなが注目して見ちゃうぐらい(動きが)ゆっくりで。次何するんだろうってみんなが気にしています」と吉田。加藤は「Rayのオアシスです!」と絶賛。渡辺も少しうつむきながら恥ずかしそうに「みなさん優しく話しかけてくださるのでうれしいです」とRayモデルとして馴染んできたことを告白した。

また美容の秘訣を聞かれた上西は「家に帰ったら、絶対化粧を落とすことと、自分に合った美容方法を早く見つけることが近道かなって思うので、いろいろ試してみてます」と語った。ほかにも「私は乾燥しないように日々、保湿を心がけて、加湿器を使ったり、パックをしています」(西川)。「私はホントに美容のことが好きなので、常にアップデートをできるようにアンテナをはって、カワイイって思ったものは全部試すようにしています」(吉田)。「私もメイクも必ず落とすことと、早寝早起き」と答える渡辺。斎藤に、「今日は何時に起きたの?」と聞かれ「4時ぐらい」と答える渡辺に、斎藤は「築地レベルだね!」と突っ込み。加藤は「いろいろ試したんだけど、顔にハトムギ化粧水をペーってやって、その後にニベアをペーってやるだけになりました」と答えてくれた。
 

1/3ページ