三代目JSB 岩田剛典、芸能人生初歌披露!大テレも「新境地開拓」と自信

芸能総合 公開日:2018/09/25 28
この記事を
クリップ

「ブレンディ」スティック朝オーレ!新CM発表会が25日都内で行われ、EXILE/三代目 J Soul Brothersのパフォーマー・岩田剛典が参加。歌唱初披露の初々しい感想を口にした。

CMでギター弾き語りに挑戦した岩田は「芸能人生初歌披露というか、照れくさくて自分で大丈夫かな?と。仕上がったCMを見て、聴きなれない自分の歌を聴いて、自分にしかわからないような違和感があった」と初挑戦に大テレ。

三代目メンバーには事後報告したそうだが「ボーカルの今市隆二君や登坂広臣君には大爆笑されました。『歌うの?岩ちゃんウケる!』と。僕が歌っているというだけでメンバーにしたら面白い。CMも笑ってくれるはず」とその反応を報告した。


ファンに向けては「お手柔らかに」と謙遜しつつ「新境地開拓じゃないけれど、ボーカルって大変だとグループをやっている身として感じました。自分はダンスをやってきましたが、使う筋肉が違うんだと感じた。身をもって歌は大変だと思った」とボーカルの心境を理解。

三代目メンバーとはよくカラオケに行くそうだが「ボーカルにマイクを持たせる時間は短く、パフォーマーでマイクを回しています」と三代目ルールを明かし「僕は自分で曲を入れることはないけれど、ボーカルが勝手に入れてくる」と普段もあまり歌唱しないことをうかがわせた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)