芳根京子が舞台初主演、クセのある母娘4人による愛憎劇

芸能総合 公開日:2018/09/20 12
この記事を
クリップ

2019年3月より紀伊國屋ホールにて、舞台「母と惑星について、および自転する女たちの記録」の上演が決定、女優・芳根京子が主演を務めることがわかった。(高知、北九州、京都、豊橋、長崎にて公演あり)

本作はパルコ・プロデュースゆかりの蓬莱竜太(09年「まほろば」で岸田國士戯曲賞を受賞)が書き下ろし、2016年に旧パルコ劇場にて最後を華々しく飾った舞台。国外での活動も行っている日本を代表する演出家、栗山民也が、パルコ劇場最後の新作舞台のために立ち上げた意欲作だ。また、今作で蓬莱竜太は第20回鶴屋南北戯曲賞を受賞。大好評で幕を下ろした本作、2019年3月に待望の再演が決定した。

テーマは、“命”。普遍的で、それでいてさまざまな色や形をもつ「家族」。蓬莱が母と三姉妹の女性4人を中心に描く家族の在り方は、特に母と娘という関係にひそんでいる独特の愛憎を浮かび上がらせる。そして、栗山民也の人間への深い洞察力により、悲しくも愛しい「家族」と「女たち」の「生きる」姿と形を描き出す。




出演は新キャストを含め、実力派女優4人が集結した。三姉妹の三女:シオには、16年NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインを務め、その演技が高く評価され、近年、映画・ドラマに数多く出演し、めざましい活躍を見せる注目の若手女優・芳根京子。舞台は15年「幕が上がる」に続き2度目の出演となり、本作が初主演舞台となる。

母親には、「フェードル」(17)「にんじん」(17)と近年の栗山演出作品に立て続けに出演し、確かな演技力を見せつけたキムラ緑子。芳根京子とキムラ緑子の2人が新キャストとなる。

そして、今作の初演時での演技が高く評価され、第24回読売演劇大賞・最優秀女優賞を受賞し、舞台を中心に活躍の幅を広げている鈴木杏が次女役を、舞台・映画と存在感・実力ともに高く評価される演技派女優・田畑智子が長女役を、初演と同じく務める。

「家族とはなにか」「女性の生き方とは」など壮大なテーマの中で、クセのある母娘4人の愛憎による人間らしさ溢れる壮絶なドラマの本作。母親を亡くした三姉妹が放浪の中、それぞれが抱える悩み、葛藤にどう向き合うのかを描く。


<芳根京子コメント>
Q.出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。

すごくドキドキしています。これから本当に始まるんだぁって(笑)。実は、舞台は怖いと勝手に苦手意識を持っていて、怖いから戦う前に逃げたこともあるんですが、マネージャーさんから「怖いは理由にならない」って言われたんです。一度「幕が上がる」で舞台に出演した際、同世代の方が多くて純粋に楽しかったのですが、今感じているのは“舞台”の楽しさなのかなって疑問に思ったんです。舞台によく立たれている方が悩んでもがいて舞台を創り上げている姿を見ていたので「あ、違うかも…。」って感じて。勝手に大きな壁を作ってしまったのかもしれません。そういった経験もあり、以前から先輩方に「舞台を若いうちにやったほうがいい」とアドバイスをいただいていたんですが、あまりピンとこなくて…。でも、みなさんが言うってことは私には見えていない理由があると思いますし、実際に挑戦して自分もその感覚を味わって、今後私も後輩にかっこよく言いたいと思ったんです(笑)。そして、何より純粋に舞台をやってみたいと思いました。一歩踏み出せなかった中で今回のお話しをいただいて、しかも4人しか出ないので、舞台と向き合うのにすごくチャンスだなと思います。栗山さんにもご指導いただけるので、舞台を創る楽しさを感じられるのかなと楽しみですし、どうなるか想像がつかないのですが、絶対乗り越えたいです。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)