生駒里奈が渋谷警察一日署長、本物の制服に「撮影でも着られないから貴重です」

芸能総合 公開日:2018/09/17 20
この記事を
クリップ
}/

今月21日から始まる「秋の交通安全運動」の一環として、渋谷駅前ハチ公広場にて「渋谷交通安全セレモニー」が17日開催され、生駒里奈が渋谷警察署一日警察署長として街頭に立ち、交通安全を訴えた。

”一日警察署長”初体験となる生駒は「お話をいただいた時、(私の事を)知っていただいてるんだと思って嬉しかったです。ひとつ夢が叶いました」と笑顔を見せた。制服は実際のものだそうで、「名前が書いてあったのでどなたのかをお借りしているみたいです。撮影でも”本物”は着られないので貴重ですね。今だけ偉い人です」とにっこり。




今年は乃木坂46を卒業という大きな節目となった生駒だが、「お仕事に対する姿勢はまったく変わりません。」とこの発言はブレることはなく、「グループ時代と生活も変わってないです」と話したが、突然休みになっときは「ずーと家にいます。暑いと出たくないです」とインドアな一面がより一層濃く出ている様子。また今後のソロ活動については「CMをやらせていただきたい」と目を輝かせたが、「ソロで歌を出すことはありません」とこちらは完全否定した。

最後に”一日署長”として「危ない運転をしないとか、歩行者に気をつけるとか、心掛けるきっかけになればなと思います」と締め、職務を全うした。

関連タグ