中川大志、突然の壁ドンに大歓声「俺の彼女になってくんない?」

芸能総合 公開日:2018/09/13 13
この記事を
クリップ
}/

映画『覚悟はいいかそこの女子。』の完成披露上映会舞台挨拶が開催され、中川大志ほか出演者と井口昇監督が登壇した。当日、会場となった新宿バルト9には招待された多くの若い女性たちが集まり、劇場の中はイベントの開始前から期待と楽しみな声の聞こえる明るい雰囲気となっていた。

イベントが始まると、中川大志唐田えりか伊藤健太郎甲斐翔真、若林時英 、小池徹平 、井口昇監督が客席の後ろから登場。今か今かと心待ちにしていた客席からは、割れんばかりの黄色い歓声があがり、会場は熱気に包まれた。




完成した作品をお披露目する心境を問われた中川は、挨拶時に「たくさんの方にドラマのほうも観ていただいたとのことで嬉しいです。映画はさらにドラマからパワーアップしております。今日どんな風に観ていただけるのか緊張しております。」と語り、ヒロインを務めた唐田も「緊張ですよね。でも今日を迎えられてすごく嬉しいです。」と同じく緊張と期待の入り混じった感情を口にし、笑顔を見せた。

また、唯一教師役を演じた小池は、自身の役柄について「なかなか教師役をさせていただくこともないので新鮮でした。」と珍しい配役だったことを述べ、「若く面白い役者さんたちの中に入れて楽しかったです。一回りくらい大志とも年齢が離れてるんですが、休憩中に一緒にご飯食べてくれたり、和気あいあいと温かく迎え入れてくれて嬉しかったです。」と撮影現場での年齢の壁を越えた雰囲気のよさを感じさせるエピソードを話した。

今回メガホンをとった井口監督と中川は2回目のタッグだということで、監督へ中川の印象について質問が及ぶと、「すごく引き出しの多い方です。普段格好良いのに、際限なく変な顔もしてくれるし、情けない顔もしれくれるし、ふり幅の広い方。斗和についてもかなりディスカッションしましたね。」と絶賛。照れた様子の中川は、「クランクインの前にもみんなで話し合って、“4人は中学2年生くらいの感じで可愛くピュアにしましょう”ってなりましたよね。」と男子4人組での撮影前の話し合いについて述べ、監督は「撮影のときも、中川さんがまとめてくださっていました。おしゃべりするシーンの前に本当に楽しく4人が話し込んで、本番どころかリハーサル前に撮影用のポテトを食べきっちゃったりもしていて、仲良くて微笑ましかったですね。」という今度は撮影中に起こった仲の良さゆえのトラブルを語り、キャストからどっと思い出し笑いが起こった。

1/3ページ

この記事の画像一覧