「中学聖日記」有村架純の“恋敵”に新人・小野莉奈が決定

芸能総合 公開日:2018/09/13 4
この記事を
クリップ
}/

10月スタートのドラマ「中学聖日記」(TBS・毎週火曜よる10時)の追加キャストが発表され、期待の新人女優・小野莉奈が出演することがわかった。

本ドラマは、女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作。物語の舞台は片田舎の中学校。自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(くろいわあきら)に心惹かれていく女教師・末永聖の“禁断の恋”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。主人公・末永聖を有村架純が演じるほか、劇中の個性的かつ魅力的なキャラクターに町田啓太吉田羊夏川結衣ら実力派が扮する。また、聖に恋する教え子・黒岩晶役には新人の岡田健史が大抜擢され、大きな話題と注目を集めている。

このたび、さらなる追加キャストとして、晶のクラスメイトで彼に恋心を抱く岩崎るな役で、小野莉奈の出演が決定した。昨年、デビュー直後のオーディションで決まった出演作品「LINE」のWEB動画の再生回数がYoutubeで190万回を超え話題となり、その演技力が評価され業界内で注目を集めた小野。その後も短編映画「アンナとアンリの影送り」の主演を射止めたほか、ドラマのみならず様々な映像作品に出演するなど益々活躍の場を広げている。あらゆる作品からの出演依頼が絶えない中、本作への出演を決意し、今回初の連続ドラマレギュラー出演となった。




小野が演じるのは、聖のクラスの生徒で晶の同級生・岩崎るな。晶といつもつるんでいる仲良しメンバーの一人であり、晶に一途な片思いをしている。ピュアでどこか世間知らずな晶が、担任の聖に恋をしてしまったことを知りヤキモキさせられ、10歳年上の聖を自分の“恋敵”と思い徐々に敵視するように・・・。

そんな物語のキーパーソンとも言えるるなを、小野がどう演じるのか?自身初の大役、撮影に向けて必死に準備をしてきたという小野は、先輩の有村に負けないくらいの熱意で日々撮影に挑んでいる。純粋な片思い。いつもそばにいるからこそ壊したくない晶との関係。自分が想いを寄せる同級生が、もしも年上の先生に恋をしていたら・・・。いつもは強気なるなが晶に翻弄されるいじらしい姿は、見ていて応援したくなるはず。思春期の女の子の複雑な気持ちを表現する、小野の瑞々しい演技とこれからの成長に要注目だ。

小野莉奈 コメント>
私は、岩崎るなの自分に嘘をつけなくて真っ直ぐなところ、悩みながらも前に進もうと頑張るところ、優しいところがすごく好きです。ですが、自分の演じ方によって皆さんのるなに対する印象とか好みが変わってしまうんだなと思うと正直少し怖いですし、だからこそるなに対して常に慎重に演じていないといけないなと思います。周りの本当にすごい役者さん。熱心に指導してくださる監督さん。私が失敗しても温かく見守ってくれるスタッフさん。優しくて、楽しい現場に感謝しながら後悔のないようにこれからも撮影に挑んでいきたいです!

(c)TBS

この記事の画像一覧