ベッキー 初の個展作品が公開、特大作品は寄贈へ

芸能総合 公開日:2018/09/10 26
この記事を
クリップ

ベッキーが10mの壁面に展開する絵画アートに初めて挑戦し、9月1日(土)より、「NEWoMan」アートウォールに展示公開されている。

2016年3月より,本物を求める大人の女性に向け、アートのある生活を提案するとともに、文化の発信と交流をめざし展開されてきた「NEWoMan ART wall.」NEWoMan新宿のターゲットである「新しい時代を生きる女性」として、ベッキーの今の姿がリンクし、「ベッキー meets NEWoMan ART wall.」として、今回の企画が実現した。



今回展示されている作品は3点。サイズは、162cm×162cmの特大サイズとなっている。それぞれの作品タイトルは、『人生はスバラシイ』 『空へと』 『じゆうでいいんだ』  約2か月間をかけて制作された。そして今回展示されている3作品に関して、『作品をみていただいた方の中から、本当に大切にしてくださる方に差し上げたいです。』との想いから、3作品すべてを寄贈することに。

今回の展示にベッキーは、「深夜に搬入を終え、飾られた3枚の絵をみて、感動しました。心をこめて、情熱を捧げて育てた我が子にスポットライトが当たった時、じーんとしました。20日間、たくさんの方に観ていただけますように。そして、現在展示している3つの作品をそれぞれ、学校や施設、企業やフリースペースなどに寄贈したいと思います。「飾りたいと思って頂ける方」「大切にして頂ける方」「絵が好きな方」場所の詳細、希望理由を記載して、ぜひ応募してください!」とコメント。

今週末には、現在の展示作品に加え、新たな作品も公開される予定で、そちらの作品は、オンラインショップ『BASE』にて販売される予定。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ