後藤真希、アイドル時代 "あややが大嫌い" 犬猿の仲だった

芸能総合 公開日:2018/09/03 9
この記事を
クリップ

後藤真希が9月2日OAの日テレ「誰だって波瀾爆笑」に出演。当時トップアイドル同士だった松浦亜弥とのエピソードも多く語りその内容が話題になっている。

「お互い何かと比較されることが多く、犬猿の仲だった。当時バチバチだったため気になりすぎて占い師に観てもらい、彼女(松浦亜弥)は”ダイヤの原石”、あなた(後藤真希)は”木”だね〜といわれた」とのこと。




また楽屋でお互い「あなたのことが嫌いなんだけど」と直接言い合ったという驚きのエピソードも暴露した。”嫌いだけど尊敬していた”という不思議な関係値で、ライバル同士でも次第に仲良くなったそう。今では結婚や妊娠のことも一番に報告するような仲だとか。

このトーク内容が視聴者を驚かせて話題になっているが、そんなアイドル時代の裏話も綴った初のエッセイ集の発売が決定。33歳、ママになった今だからこそいえる当時のエピソードが満載だ。今年モーニング娘。結成20周年ということもあり、唯一無二の存在だったOGとして後藤真希の再ブレイクが期待されている。


初エッセイタイトル

「今の私。(タイトル仮)」(小学館)

2018年10月5日発売

この記事の画像一覧 (全 2件)