美人すぎる現役ナース 桃月なしこ「くびれと立筋ほしい」さらにグラビア映えするカラダへ

芸能総合 公開日:2018/09/01 79
この記事を
クリップ
}/

グラビアのみならず、コスプレイヤーとしても大人気、美人すぎる現役ナース”なしこたそ”こと桃月なしこが、2度目となる「ヤングマガジン No.39」(集英社)の表紙を飾ったことを記念したイベントを、秋葉原ラジオ会館・ビリビリAKIBAで開催。その美貌をひと目観ようと長い行列が出来た。

「ありがたいですね。年内にもう1回あるとは思っていなかったので、みなさなのアンケートのおかげかな思います」とふたたび表紙登場したことをファンに感謝した桃月は、「年内もう1回(表紙)行けたら嬉しいですね」と意欲も見せた。グラビアは7月に沖縄で撮影されたもの。「(ロケ日に)台風が近づいてまして、途中雨が降っちゃって、みんなで雨宿りしながら、ヤドカリで遊んでました(笑)」と話したが、イベント当日も秋雨前線の影響で生憎の空模様。桃月は「雨女って言われます」と認めていた。




前回はコスプレチックな魅力を振り撒いたが、今回は水着が主の”王道グラビア”で”なしこたそ”の魅力が弾けまくり。グラビアデビューから1年ほどだが「当初から比べたら、だいぶ体も絞れましたし、ポージングや表情も豊かになったかなあって思います」とにっこり。カラダも自称幼児体型から、腹筋の立筋が浮き出て、くびれも出てきたという。「もうちょっとくびれと、立筋が欲しいです。あ、お腹締まってるねって言われたいです」とまだシェイプして綺麗なカラダづくりを継続してくと誓っていた。その締まったカラダは「ヤンマガ」で堪能してねと言わんばかりの、白のワンピース姿で登壇した桃月だが、「清楚な感じで♡」とポーズを取ると、ナースの制服姿もオーバーラップして見え、仕事中のなしこたそを妄想できる堪らない雰囲気を醸し出した。

イベントには事務所の後輩、次世代くびれ女王と評されるウェスト53cm、長身Fカップの奇跡ボディで話題の林ゆめ、この下半期からバチバチ注目を浴びそうなグラビア界のルーキー十味(とーみ)も駆け付け、花を添えた。

久しぶりに会う人に「痩せた? 」と言われるのが嬉しいという桃月。これからもさらにカラダ磨きをして、極上のグラビアを我々に見せてほしい。