元チキパ関根優那 みずみずしい女子高生役に挑戦、解散後初の舞台

芸能総合 公開日:2018/08/24 14
この記事を
クリップ

Cheeky Parade関根優那が、8月23日(木)~8月26日(日)まで中目黒キンケロシアターで上演されている、舞台「にわか雨」に出演中。Cheeky Parade解散後、初めての舞台出演を果たした。




この舞台は、劇団CATMINT(キャットミント)の第14回公演で、立ち上げたダンスサークルで大会の予選突破を目指す高校2年生たちと、彼らを見守る学校の先生たちを取り巻く、ひと夏の青春を描いた作品だ。

関根優那は、主人公のダンスサークルメンバー・鷲尾蒼に一途な思いを寄せる生徒・八木百々花役を演じる。蒼への思いから自分もダンスサークルに加入するが、叶わない恋心とダンスの魅力の間で、次第に揺れ動いていく役どころ。関根は実年齢より随分若い制服姿での演技だったが、17歳の純粋な思いと青春ならではの苛立ちを、ナチュラルに表現していた。

 なお奇しくもほぼ同じ日程で、同じく元Cheeky Paradeメンバーの鈴木友梨耶・真梨耶姉妹も舞台に出演中。しかも3人とも部活動(サークル活動)に身を焦がす高校生役を演じているという偶然も。

ファンならずとも、ぜひ両舞台チェックしてみてほしい。

 また関根優那だが、9月17日発売の「JELLY」にも登場しているので、こちらも要注目だ。