柳楽優弥 “MAX無駄遣い”がすごい、「銀魂2」のみどころを語る

芸能総合 公開日:2018/08/25 30
この記事を
クリップ
}/

ーーギャグシーンは、見ているのと演じるのはどちらが好きですか?

柳楽:僕は、ムロツヨシさんや佐藤二朗さんのように、うまく人を笑わせられるような演技ができません。だから、見ている方が好きなのかもしれません。福田組では、他の現場では成立しないような笑いのシーンが、作品としてきちんと成立している事が本当にすごいと思います。今は自分のコメディーセンスにあまり可能性を感じていないので、自分が演じるより見ている方が好きですが(笑)、真面目に演じることで福田組に居られるならば、それが僕の居場所だと思うので、そこは自信を持っていきたいなと思います。

 

ーー「土方禁煙篇」にでてくるパロディーシーンについてはどう思いますか?

柳楽:これ大丈夫なんですかっていうシーンが多いですよね(笑)。映画もドラマも攻めてるなって(笑)。実写でも成立ができていた事にとても驚きました。特に山本美月さんが演じる銀河鉄道999のメーテルは、原作にもないドラマのオリジナルキャラクターだったので驚きました。すごく突っ込みどころが多くて「土方禁煙篇」で山本美月さんが土方のことを「つちかたさん」と呼ぶセリフがあるのですが、皆が思った事があるようなところを、さらっとセリフにしてしまうところが福田監督のすごいところです。


ーードラマの見どころは?

柳楽:小ネタが満載で、もちろん原作に忠実です。「土方禁煙篇」では、電柱に頭を打ちつけた後に喫煙所を見つけて、妙な歩き方をしながら必死に喫煙所に向かうシーンがあるのですが、あのシーンは思い切って演じているので、是非見て頂きたいです。あとは、「幾つになっても歯医者はイヤ篇」の、待合室でのシーンが面白いです。小栗さんの「今回のドリルはどこまで俺の中にえぐり込めるか、俺の魂まで届くかな。」という、すごく格好つけたセリフがあって、「人はなぜ穴を掘り進むのか。そこにドリルがあるからさ。」という僕のセリフの後に、ナレーションでそれぞれ本音を語るシーンは、台詞ではなくナレーションであることがすごく生きていて、本当に良いです。顔に出さずポーカーフェイスなのに、足はコサックダンスしていたり(笑)宣伝の方が掲げている“MAX無駄遣い”がすごくて、スケールの大きさを感じます(笑)


ーー最後にファンの方にメッセージをお願いします。

柳楽:すごく面白い作品で、こんなに思い出し笑いをしながらインタビューを受けたのも久しぶりでした。ドラマは、映画とセットで見るとより面白いと思います。どちらも見ることで、“MAX無駄遣い”の面白みをさらに感じれると思いますし、その面白さの幅も体感してもらえたら嬉しいです。皆さん是非、映画とドラマでお会いしましょう。


2/2ページ

この記事の画像一覧