前田敦子 左手薬指に指輪キラリ、結婚後初の公の場で幸せオーラ全開

芸能総合 公開日:2018/08/23 8
この記事を
クリップ

先月30日に俳優の勝地涼と結婚した女優の前田敦子が23日、NHKで行われたBSプレミアムのドラマ『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』(9月1日午後10:00)の取材会に登壇した。




結婚後初の公の場となった前田は、左手薬指にしっかりと結婚指輪をはめており、報道陣からの祝福の声に「ありがとうございます」と幸せオーラ全開のハニカミ笑顔だった。

人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、「心が叫びたがってるんだ。」の脚本家・岡田麿里による自伝を、岡田脚本・前田主演でドラマ化。大ヒットアニメの誕生秘話と同時に、ひきこもりでありながらも自分の居場所を見つけていく主人公の姿を描く。

岡田をモデルにした主人公を演じた前田は「一ヵ月をかけて秩父で撮影をしたり、色々な場所で撮影をしましたが、撮影前に岡田さんにお会いできたのが大きかったです。衣装合わせの際に会いに来てくれて、衣装についてアドバイスもくれました」と原作者本人のバックアップに感謝。

母親役の富田靖子と取っ組み合いの喧嘩をするシーンは「凄く楽しかった」と声を弾ませ「アクションの先生に形をつけていただいたけれど、監督からは『形にならないように』と言われたので、ぶっつけ本番でやらせてもらいました。一度の本番でOKを出す監督なので、その緊張感も良かった」と手応えをにじませた。

この記事の画像一覧 (全 5件)