千葉雄大 いきなりの下ネタに照れ笑い、筋肉ドーピングで「下半身も…」

芸能総合 公開日:2018/08/22 10
この記事を
クリップ
}/

俳優の千葉雄大が22日、都内で行われた映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(10月12日全国公開)の完成披露試写会に参加した。




4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量をもつ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りの秘密を抱えるロックスター・シン(阿部サダヲ)が、異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)と出会ったことから奇跡を起こしていく。この日は、阿部サダヲ吉岡里帆ふせえり、松尾スズキ、三木聡監督も参加した。

映画の内容にちなんで「ドーピングしたいこと」を聞かれた千葉は「『anan』で表紙を飾らせてもらえるならば、筋肉ドーピングをしたい。なんだったら下半身もドーピングして…」と身振り手振りでいきなりのド下ネタ。登場を黄色い歓声で出迎えた女性ファンはドン引きも「すいませんね、僕にはご縁がないので」と千葉は照れ笑い。三木監督から「映画の中でそれに近いことをやっているよ」と指摘されると、「それはNOドーピング!」と自信を持っていた。

また奇抜なことをする三木組の撮影について千葉は「撮影の2日後くらいにずっとピザの臭いがするなぁと思って鼻をかんだら、チーズが出てきた」と冷静に驚きのエピソード告白。しかし三木ワールドを体感し終えたキャスト陣も冷静で、阿部は「2日で取れたんだぁ。もう少し待ってチーズが発酵していればねぇ」と残念そう。それに千葉も「ねえ~。そうしたら美味しくなっていたかもしれない」と謎の乗っかりだった。

この記事の画像一覧