「中学聖日記」有村架純の相手役に異例の新人抜擢、独特に光る存在感

芸能総合 公開日:2018/08/20 6
この記事を
クリップ

TBSで10月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で放送される「中学聖日記」で、主演の有村架純の相手役に新人の岡田健史(おかだけんし)が大抜擢された。九州の道端で5年間スカウトされ続けた少年が、1年がかりのオーディションを勝ち抜き選ばれ本作で芸能界デビューを飾る。




このドラマは、女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作。物語の舞台は片田舎の中学校。自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶に心惹かれていく女教師・末永聖の“禁断の恋”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。

主人公・末永聖を有村架純が演じ、続いて町田啓太、吉田羊、夏川結衣らの出演が発表された。そして、連続ドラマ化の発表当初から「誰が演じるのか!?」とSNS上を大いに賑わせていた、聖に恋する教え子・黒岩晶役に新人の岡田健史が大抜擢された。岡田は今作が芸能界デビューとなる。

岡田演じる中学生・黒岩晶は、有村扮する担任教師・聖に初めての恋をし、婚約者がいることを知りながらも自分の気持ちをストレートにぶつけていく、ピュアで世間知らずな不思議な魅力を持った少年。主人公の相手役という大役であり難役を決めるにあたって、1年にわたりオーディションが行われた。その中で、「純粋で良い意味で洗練されていない、今どきの子にはなかなか無い魅力があった」という理由で岡田が選出された。テレビの出演経験も演技経験もなく、事務所に所属して間もないまっさらな新人を起用したこの抜擢は異例といえる。

そんな岡田について、共演シーンの多い有村は「初めてお会いした時に目がすごく素敵で、私のことを真っ直ぐ見て下さったのがものすごく印象に残っていて。お芝居をしていても岡田さん自身の人柄というのが滲み出ている感じで、ピュアさだったり真面目な素直なものっていうのがしっかりと目に表れているような気がします。初めてとは思えないくらいしっかりとこの作品や晶という役に真摯に向き合っている方で、非常に努力家で真面目な方だと思います」と語っている。

演技未経験のため、晶役が決まった翌日から毎日のようにレッスンをしており、演出・塚原あゆ子からもマンツーマンで演技指導を受け、この役に挑んでいる岡田。目に映るものすべてが新しい彼のピュアなまなざしは、恋するということを初めて知った晶の役どころに通ずるものが。キラキラとした青春の日々、誰もが抱いたであろうあの頃のモヤっとした気持ち・・・。まだ何も知らないからこそ繊細な感情を体現できる、岡田の全力投球の初演技と成長していく姿に期待が高まる。

胸に残る「ヒリヒリ」とした感情が後を引き、あなたもきっともう一度恋をしたくなる・・・。ピュアだからこそ危うい禁断×純愛のヒューマンラブストーリーをどうぞお楽しみに。

1/2ページ