“シンガーソングラドル”藤田恵名は「ホラー映画界のミューズ」

芸能総合 公開日:2018/08/17 19
この記事を
クリップ

「夏のホラー秘宝まつり」の名物、大人気心霊ドキュメントシリーズ「怪談新耳袋Gメン」主題歌に藤田恵名の新曲『境界線』が決定した。




「ホラー秘宝」は、キングレコードが贈る、ホラー映画の人気レーベル。そのラインナップの質は、ホラーファンのみならず一般の映画ファンからも一目を置かれる存在で、2014年から年々規模を拡大し、“観客参加型のホラー映画祭!”として開催されてきた。今年は5周年を迎える。

「怪談新耳袋Gメン」は“新耳Gメン”と呼ばれる中年の男たちが心霊映像を撮影するために、心霊スポットに体当たりの殴り込みをかける、伝説のシリーズ。ノーCG、ノー特殊造形、ノースタント、フェイクじゃない、まさにリアル、一切のやらせなしのガチンコ心霊ドキュメンタリーだ。昨年、5年ぶりに不死鳥のごとく復活した「怪談新耳袋Gメン」が今年はさらにパワーアップして「怪談新耳袋Gメン冒険編」前編・後編として二部作で公開となる。

そんな本作の主題歌として藤田恵名の新曲『境界線』が決定した。いま一番脱げるシンガーソングライター“シンガーソングラドル”として話題の彼女は2015年度のホラー秘宝ガールとして抜擢され、その後映画「EVIL IDOL SONG」(監督:大畑創)、トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門正式招待、さらに昨年の“ホラー総選挙”で見事グランプリを受賞した「血を吸う粘土」(監督:梅沢壮一)に出演。さらに、先日発表された西村喜廣監督の最新作「WELCOME TO JAPAN」でも主演も決まり、【ホラー映画界のミューズ】として今最も注目の女優でもある。

藤田恵名 コメント>
新耳袋殴り込みシリーズは、今回で5回目の主題歌担当となります!いい歳のおじさん達がワーキャー言いながら過酷なロケで何かを得よう、何かを残そうと奮闘する姿はなぜか一緒になって「頑張れー!」とエールを送りたくなるような感情移入してしまう中毒性のある作品になっているのでホラー映画が苦手な方にも楽しんでもらえると思います!是非とも劇場でお楽しみください!

■「夏のホラー秘宝まつり2018」
東京@キネカ大森:8月25日(土)~9月7日(金)
名古屋@シネマスコーレ:8月25日(土)~
大阪@シアターセブン:8月25日(土)~

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ