内田理央 ドレス姿で美ボディラインを披露、等身大の結婚観を語る

芸能総合 公開日:2018/08/15 17
この記事を
クリップ
}/

モデルや女優として幅広く活躍されている“だーりお”こと内田理央が、年に一度の沖縄大特集号となるゼクシィ国内リゾートウエディングに初登場。撮影の様子や結婚観などを語った。

 沖縄には何度も撮影で訪れているという内田理央。今回ウエデ.ングという事で「ハッピーに行こう!」と撮影に臨んだそう。編集部クルーと一緒にサッカー観戦をしたり(ロケ中はちょうどW杯の日本戦だったそう!)、沖縄料理を食べたり。撮影時以外でもハッピーがいっぱいの時間をすごせたそうで、「凄く素敵なチームで、思い出も沢山できました」とコメント。撮影では南国のリゾートがとっても似合う柔らかな笑顔で、沖縄婚の魅力を存分に伝えた。ロケーションはビーチ、チャペル、LOVEパワースポットなど沖縄らしいスポットを巡り、新婚のふたりへハッピー度満点の沖縄ウエディングストーリーを提案している。





内田に理想の結婚式について聞いてみると、少人数のゲストと挙げるカジュ.ルな結婚式に憧れているそうで、ビーチウエディングにもガーデンウエディングにも興味があるそうす。しかし、「いつかしたいなーっていう憧れはかなりありますが、結婚願望は正直いうとまだあまりないです」と意外な回答も。「だんだん自分の居場所や役割などがわかってきて、自分のやりたいことも出てきて。最近はお仕事がとっても楽しいです!」と自分をきちんと持った上で、やりたいことを全力で楽しみながら取り組んでいるそう。特にドレス姿のだーりおの写真は、仕事を楽しんでいることが伝わる魅力的な笑顔にあふれている。

今回の撮影で着用したドレスは3パターン。内田一番のお気に入りは、ボディラインが大人っぽく綺麗に見えるIラインドレスで、「シンプルなヘアメイクともぴったりでした!」と喜んでいた。また、ビーチに映える総レースのミニドレスは、「沖縄の空と海の下で開放的にヘルシーに着るのが素敵だと思います」とプレ花嫁さんのドレス選びへのアドバイスをする一面も。

ウエディングフォトに最適なLOVEパワースポットもおすすめしている今号。「夫婦福木」と呼ばれる二つの巨木がくっついた夫婦円満のシンボル福木や、「ハートロック」と呼ばれる有名なハート型の岩など、沖縄の縁起の良いスポットを訪れている。実は内田は普段からパワースポット巡りが大好きとのことで、「夫婦福木」へ続くフクギ並木の神秘的な魅力に感動したそう。本誌の巻頭連載では「ハートロック」での撮影秘話も掲載されており、内田からは「素敵な景色の場所では、恥ずかしがらずに写真を撮っておくと思い出になりますよね。皆さんが大好きな人とハッピーな時間がすごせますように」と読者の方へ向けたメッセージを送った。

「ゼクシィ国内リゾートウエディング」編集長今西裕子氏は、内田理央の起用理由を「今号は沖縄特集なので、南国.メージが似合う笑顔がかわいい“だーりお”さんに是非ご出演いただきたくオフヴーしました。ご本人のガーリーでロマンテ.ックな雰囲気がリゾート婚花嫁にも合っていて、明るく優しい人柄がにじみ出るとってもかわいい誌面になりました。」と語った。

関連タグ