「劇場版コード・ブルー」に丸刈り姿で挑んだ女優、山谷花純とは?

芸能総合 公開日:2018/08/01 36
この記事を
クリップ
}/

7月29日、映画「劇場版コード・ブルー」に出演している山谷花純が、Instagramに投じた丸刈り姿が話題になっている。

Twitterで彼女の名前を検索すると、ニュースメディアの他に、映画を見た人からの感想ツイートが多く、そこには「山谷花純さんがとにかく凄い!メインキャスト食うくらい凄い」「山谷花純ってモモニンジャーだよな?丸刈りマジか、すげえ」「やはり本当にボウズにしてたのか。この想いがあって演じたのが伝わってきたわ」「山谷花純さんの演技もすっごかった。本当にウェディングドレス姿お綺麗だった。だめだ思い出すだけで泣ける」「花純ちゃんの女優魂と未知の気持ちがとても心に響きました」「山谷さんの演技、涙が出てとまりませんでした。演技力に絶賛です」と、彼女の演技力や演技に対する姿勢を絶賛するコメントが多数投稿されていて、今もその勢いは衰えることを知らない。





山谷花純。2007年にエイベックス主催のオーディションに合格し、翌年12歳でドラマデビュー。2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」をはじめ、2014年「ファーストクラス」など話題作に出演。また、2015年~2016年には、彼女の代名詞でもあるスーパー戦隊シリーズ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」に出演。オンエア後も特撮ファンからは、“モモニンジャー”、“霞姉(かすみねえ)”というワードで親しまれていたので、映画「劇場版コード・ブルー」のニュースが出るまでは、山谷花純=モモニンジャーのイメージの人もかなり多かっただろう。

そんな彼女の今の感情をダイレクトに感じることができるのが、「想いを伝える。」と題したブログ(7月27日に投稿)。1つ1つの言葉を大切にしながら書いたであろうこのブログには、「このオーディションに落ちたらこの仕事を辞めると決めて受けた作品と役でした」「10年前の私は、人生で坊主にする日が来るなんて思ってもいませんでした」「想いを伝えるって難しい」「ほんの些細な言葉でも、想いを伝えることを諦めない生き方を役を通して教えてもらいました」「大切な人と見て欲しいです。沢山の人へ、作品の想いが届きますよう。」と、映画「劇場版コード・ブルー」にかけた決意やそこに至るまで心の葛藤、演じることの難しさ、そして喜びなどが丁寧に綴られている。

山谷花純・21歳。この夏、その決意と女優魂、演技力で大きな話題になった彼女はこれから大きく羽ばたくであろう女優の1人であることは間違いない。現在公開中の映画「劇場版コード・ブルー」の後は、2019年公開予定の映画「今日も嫌がらせ弁当」、第10回沖縄国際映画祭上映作品「耳を腐らせるほどの愛」に出演。また、10月7日からはドラマ「主婦カツ!」(NHK BSプレミアム、毎週日曜22時~)に出演と、すでに多くの仕事が決まっている彼女。

次に彼女の名前を目にするのはどの作品か?どんなニュースか?彼女の活動から目が離せない。

この記事の画像一覧

関連タグ