ディズニー歴35年”風間俊介、展示会に”下敷き”寄贈 思い出話も明かす

芸能総合 公開日:2018/07/31 36
この記事を
クリップ

俳優でタレントの風間俊介が31日、都内の松屋銀座で行われた「ウォルト・ディズニー・アーカイブ展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」オープニングイベントに出席した。

同展では、ディズニー作品に関するコスチュームや小道具、写真資料など、日本初公開を含むアイテム約420点が集結。今年でスクリーンデビュー90周年となるミッキーマウスにまつわる特別なアートやグッズ、細部まで再現されたウォルト・ディズニー氏の仕事部屋も登場する。




無類のディズニー好きで知られる風間。この日は、ウォルト・ディズニー氏の象徴の一つでもある、チャコールグレーのスーツを着用して登場。司会者から「風間さんのディズニー愛がプロの領域」と紹介されると、「今年で35歳になるんですけど、ディズニー歴は35年になるかと思います」といい、会場を笑わせた。

ひと足早く同展を回った感想を聞かれると「いまは抑えていますが、興奮が溢れ出ちゃって大変です」といい、「これを逃したら二度と見れないと思うくらい貴重なものがたくさんあった。実物を見たら圧倒される展示品がたくさん。こんな機会が人生でくるとは思っていなかった。幸せ!」と目を輝かせた。

同展には、著名人が寄贈したディズニーグッズを展示するコーナーも。風間は、映画「ノートルダムの鐘」(日本公開1996年)の下敷きを寄贈している。「僕が初めて劇場で観た時に購入したもの。いままでディズニーは差別や偏見、それに立ち向かう人たちを描いてきた。いま、僕は福祉の番組やパラリンピックなど関わらせていただいているが、その基盤を作り、決定付けてくれた作品です」と思い出を披露した。

イベントでは、米国の「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」のリック・ロレンツ氏から、記念品としてミッキーマウスのぬいぐるみをプレゼントされた。風間は「うお~!素敵な贈り物。ありがとうございます!」と大喜びだった。

同展は8月1日から20日まで松屋銀座8階イベントスクエアにて開催される。当日チケットの料金は一般1500円、高大生1200円、中学生から3歳までは800円、2歳以下は無料となる。

ⓒDisney 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ