「テラハ」の毒舌キャラ小室安未が本格始動、“クソほど興味ない”名言LINEスタンプも

芸能総合 公開日:2018/07/30 49
この記事を
クリップ

人気リアリティーショー『テラスハウス』軽井沢を舞台にしたシーズン『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』(テラスハウス オープニング ニュードアーズ)の元メンバーで女子大生の小室安未が、女優やモデルとして芸能活動を本格的にスタートする意思を固め、この度、アーティスト写真を公開した。

今回、アーティスト写真を公開する経緯として、「クソほど興味ない」「私の世界から消した」など、番組出演時に小室が発した、特徴的な言葉や毒舌を中心とした、LINEスタンプの企画が持ち上がり、デザインの相談を、雑誌OCEANSで展開されている人気女優連載「#TATERUガールズ」のプロデュース等で話題のクリエイティブディレクター・岡田考功氏に持ちかけたところ、その連載のアーカイブを見た小室が「私もアー写撮り直したいなぁ」とボソッと発したところから、LINEスタンプと同時進行で、新アーティスト写真の話が浮上する。




急展開となったアーティスト写真撮影プロジェクトが、同連載の人気カメラマン・藤代冥砂氏の快諾で決定し、藤代氏・岡田氏のタッグ、そして、本人スタイリングにて急遽撮影が決行。普段からスタイルを維持し、毒舌キャラとは裏腹の、透明感のある表情が納められた”クソほど可愛すぎる”アーティスト写真を公開の運びとなった。撮影を担当した藤代冥砂は「綺麗であどけない表情の、視線の奥にある強さが印象的なかわいらしい女性でした。自然体が素敵な方なので、このまま女優として活動していくのも面白いかと思います」とコメント。

小室安未は、「アーティスト写真は、緊張をほぐしてもらいながら藤代冥砂さんに自然体の写真を撮って頂きました。またLINEスタンプは、私がよく使う言葉の中で、スタンプになったら良いなというものを考えました。キャラクターの表情と言葉のギャップが、普段の小室安未の再現になっていると思います。キャラクターのナメた表情に注目の、こだわりの詰まったスタンプに仕上げて頂きました。」とコメントしている。

本人の姿?がデフォルメ化され、毒舌とセットにデザインされたLINEスタンプも、仲の良い友人に送ることを考えた使いやすい言葉やシチュエーションを考えて製作。使いやすさといたずら心に溢れた内容になっている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ