葵わかな 「わろてんか」終了後の自身の変化を語る

芸能総合 公開日:2018/07/25 32
この記事を
クリップ

7.5歳からのメンズファッション&ライフスタイル誌「OCEANS」2018年9月号(7月24日発売)の「#TATERUガールズ 〜君のいる部屋〜」と題された本連載では、毎回旬の女優やタレントが登場し、彼女たちの飾らない日常の姿を撮り下ろす。

第1回より豪華な出演者の登場が続いている本連載では、NHKの朝ドラ「わろてんか」の熱演でお茶の間を虜にし、数々のCMに出演し活躍している葵わかなが登場。最近一人暮らしを始めたと明かした彼女は、観葉植物やカーテンに自然を感じられる緑が配色された自分の部屋が一番リラックスできると語り、本誌でも彼女のライフスタイルが想像出来る爽やかな表情が写真に収められている。また、夕日に照らされ爽やかな中にも哀愁を感じさせる大人な彼女も収められている。





初めての恋愛映画「青夏 きみに恋した30日」では意外にも撮影現場が体育会系だったと明かし、自身が苦労した撮影の裏側や、「わろてんか」が終了し女優として自身の変化などを語ってくれた。

都内のビルや街中で夏の日差しが眩しく、また鮮やかに広がる夕焼けの西日に照らされながらリラックスした中で撮影が行われ、テレビなどで見せる爽やかな笑顔はもちろん、20歳を迎え少し大人な表情がフィルムに焼き付けられている。

本連載は、ファッション界でも活躍するアートディレクター・岡田考功(FIRSTORDER)とライフスタイルマガジン「EYESCREAM」を創刊から12年間手掛けた元編集長・稲田浩(ライスプレス)がタッグを組み、OCEANS初となる女性にフォーカスを当てた企画となっている。

葵わかなコメント
「撮影いただいた藤代冥砂さんは今回が初めてでした。普段写真を撮られる時は緊張してしまうのですが、藤代さんのやさしい雰囲気もあって、楽しく自然体で撮影できました。」


<OCEANS 2018年9月号概要>
発売日:2018年7月24日(火)
価格:780円(税込)
出版社:株式会社ライトハウスメディア

WEB SITE:http://oceans.tokyo.jp

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ