吉岡里帆、半年間猛特訓した歌声がついに解禁

芸能総合 公開日:2018/07/24 26
この記事を
クリップ

阿部サダヲ主演、ヒロインを吉岡里帆が演じる映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」(10月12日公開、配給・制作:アスミックエース)の本予告編と本ビジュアルが解禁された。




予告編ではW主題歌『人類滅亡の歓び』(作曲:HYDE、作詞:いしわたり淳治)と『体の芯からまだ燃えているんだ』(作詞・作曲:あいみょん)がついに明らかに。さらに、世界的ロックスター・シンが禁断のヒミツである“声帯ドーピング”によって驚異の歌声を得る様子も映し出される。

シン(阿部サダヲ)の歌う主題歌『人類滅亡の歓び』について、作曲者HYDEは「監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました笑。」とコメント。作詞のいしわたり淳治は「廃退的で耽美的な歌詞。とても楽しい貴重な経験をさせて頂きました。」と語る。そして、ふうか(吉岡里帆)の歌う主題歌『体の芯からまだ燃えているんだ』について、作詞作曲のあいみょんは「あの日聴いた音や声、見たもの全てが今日の自分に語りかけてくるように、体の芯を燃やす感覚をいつになっても忘れたくないです。テンションを上げて行こう!」と語っている。そんな2つの主題歌が満を持して解禁となった。

グループ魂のボーカルとして紅白歌合戦出場経験もある阿部、半年間に渡る猛特訓を行った吉岡の歌声とともに、『人類滅亡の歓び』に参加したPABLO、KenKen、SATOKO(FUZZY CONTROL)のテンション爆上げサウンドも必聴だ。

さらに、「グチャグチャドロドロになって振り回される役回り」とコメントしていた千葉雄大はマスコミに囲まれ、「見た目はパンチが効いている」とのコメント通り、麻生久美子はインパクト大な白髪に眼帯姿、そして小峠はまさかのモヒカンパンクロッカーという姿を披露している。

そして、W主題歌&挿入歌を収録した『音量を上げて聴けタコ!!~音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!オリジナルコンピレーションアルバム~』(Ki/oon Music)の発売も決定した。発売日等詳細情報は今後発表予定。

思わず一緒に「テンションを上げろ!!!」と叫びたくなること必至、公開がますます楽しみになる本予告編をぜひチェックしてみよう。

ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会