木村拓哉「検察側の罪人」への想いを明かす「J Movie Magazine」表紙&グラビアに登場

芸能総合 公開日:2018/07/10 33
この記事を
クリップ

株式会社リイド社は2018年7月10日に、映画を中心としたエンターテインメントビジュアルマガジン「パーフェクト・メモワール J Movie Magazine ジェイムービーマガジン Vol.37」を刊行する。表紙&巻頭は「検察側の罪人」大特集。期待の超大作に対峙する主演・木村拓哉の想いが、グラビア&インタビューで明かされる。






表紙・巻頭大特集「検察側の罪人」表紙・ソログラビア&インタビューで木村拓哉が登場する。グラビア&インタビューでは、二宮和也も登場。

他にも、豪華撮り下ろしグラビア&インタビューでは、福士蒼汰×杉咲花「BLEACH」、竹内涼真「センセイ君主」、窪田正孝 ドラマ「ヒモメン」、伊野尾慧×戸塚祥太 ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」、重岡大毅×神山智洋 Netflixオリジナルドラマ「宇宙を駆けるよだか」が登場。

特別対談&現場レポートでは、「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」有岡大貴×成田凌が登場する。


■パーフェクト・メモワール J Movie Magazine ジェイムービーマガジン Vol.37(リイド社)
ページ数:フルカラー 112ページ
判型:A4変形判
発行日:2018年7月10日(火曜日)
定価:本体917円+税