“一番女”平井理央が怯える…「婚外恋愛に似たもの」第3話

芸能総合 公開日:2018/07/06 56
この記事を
クリップ

dTVにて配信中の栗山千明主演ドラマ「婚外恋愛に似たもの」の第3話が7月6日(金)に配信される。

本作は、容姿も職業も収入も性格も全く異なる5人、桜井美佐代(栗山千明)、山田真美(安達祐実)、益子昌子(江口のりこ)、片岡真弓(富山えり子)、隅谷雅(平井理央)が、アイドルオタクという共通点から偶然出会い、ヒエラルキーを超えて助け合い、人生を見つめ直す、“アイドルに恋をした<35歳オンナ>の本音を描くヒューマンコメディ”である。

第2話配信後には、「2話泣けたんだけど」「笑いあり涙あり色んな意味でのドキドキありで、すごく面白い!」「ドルオタ云々の話ではなく『女の生き方』的な意味でとても興味深くて面白いんだよなあ」という声が寄せられた。美佐代と益子の間に友情が芽生え、益子が反抗期の息子と向き合うようになった第2話。そして、美佐代のかつての同僚で天敵である隅谷雅が現れ…。

気になる第3話は・・・
ライブ当日、美佐代の前に天敵である隅谷雅が現れる。雅もまたアイドル“スノーホワイツ”のファンであり、そのメンバーであるチカちゃん(増子敦貴)が生きがいとなっていた。偶然席が隣同士だったことにより、美佐代、益子、雅の3人でライブを楽しむことに。パフォーマンスで会場を盛り上げ、キラキラと輝くスノーホワイツのみらきゅん(岩岡徹)、ジル様(和田颯)、ハッチ(太田将熙)、チカちゃん、マッシュ(聖貴)の5人。熱狂する3人はそれぞれの推しメンバーからファンサービスまでもらい、彼女らの興奮は最高潮に達する。

ライブが終わり、興奮が冷めない中、雅の誘いにより食事に行くことになった3人。その食事の場で、「チカちゃんと結婚してるの」と突如切り出す雅。ただし、“脳内で”だが。雅とチカちゃんとの運命の出会いは11年前。道に迷い、泣いていたチカちゃんに遭遇した雅はその泣き顔にときめく。「これが恋なんだって気づいたの」とチカちゃんに対する思いを熱く語るも興味を示さない2人。その後も「生まれつき容姿も勉強もどこでも一番だから」と嫌味たっぷりに話す雅に苛立つ美佐代とそのセレブさについていけない益子だった。しかし、容姿や職業が全く異なる3人が全員“35歳”であることが発覚し、意気投合していく。




食事を終えた雅は帰宅し、仕事のメールをチェックする。そこには、契約終了やお見送りの文字が並び、突如多くの仕事を失ってしまっていた。原因は“ショタコン犯罪者”と週刊誌に載っていたことだった…。

その時、同じくその事実を知った美佐代は雅を呼び出す。アイドルオタクであることを人に知られ、得体の知れない悪意に怯える雅。事情を聞いた美佐代は「誰だって得体の知れない悪意にはやられますよ」と雅を励まし、怪文書の発信元を突き止めていることを伝える。こうして、美佐代はかつての天敵である雅の問題解決に協力することになる。雅を陥れた犯人とは。

ドラマ「婚外恋愛に似たもの」第3話は、7月6日よりdTVにて配信中。

(C)エイベックス通信放送

この記事の画像一覧 (全 7件)