白濱亜嵐、テンションが上がったことは「W杯で日本が点を決めたとき」

芸能総合 公開日:2018/07/02 48
この記事を
クリップ
}/

6月22日(金)公開の映画「ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-」 (配給:LDH PICTURES)より、7月1日(日)TOHOシネマズ 日比谷にて白濱亜嵐片寄涼太小森隼が登壇した公開記念舞台挨拶が開催された。

詩と音楽、映像を一つに融合した<CINEMA FIGHTERS project>の最新作、 映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』。7月1日(日)には、6作品のうちの1作である、「アエイオウ」から主演の白濱亜嵐、そしてさらに、「アエイオウ」の主題歌『何もかもがせつない』を歌ったGENERATIONS from EXILE TRIBEより、ヴォーカルである片寄涼太、パフォーマーの小森隼がTOHOシネマズ日比谷で行われた舞台挨拶に登場した。3名の登場に会場からは割れんばかりの歓声が上がり、会場は熱気に包まれた。



昨日30日(土)に白濱は、同作で共演した奥田瑛二らとともに、舞台挨拶ツアーを決行し本日は二日目。映画のロケ地となった高知県にある、安藤桃子監督の映画館・ウィークエンド キネマ Mにて、レッドカーペットイベントと舞台挨拶を行った感想を聞かれた白濱は「本当にたくさんの方達が来てくださって緊張しました。サインも書いたのですが、手が震えて上手く書けなかった(笑)」とコメントし、会場からは笑いが起こった。
 
<詩>、<音楽>、<映像>が三位一体となったシネマファイターズ・プロジェクトとGENERATIONSの新曲について聞かれた片寄は「みなさんどうでしたか?」と、会場の方々へ質問を投げかけ、会場からは「いい曲!かっこいい!」という声が響き渡った。そして「新しい試みで、新しい曲の楽しみ方、映画の楽しみ方、ショートフィルムの楽しみ方になっていると思うので、新体験できるのではないかなと思います。」とコメント。小森は「今までにない新しい試みなので、LDHとしてもこのプロジェクトを通して新しい第一歩を踏み出せたと感じています。」と、語った。すると、白濱から「ヴォーカル的にどうですか?」と、聞かれた小森は「そうですね、改めて言わせていただきますと、この並びいるとなんでお前なんだ感が半端ないですね(笑)今日は主題歌を歌っているグループの1人として来てるんですが、ヴォーカルがいて、主演がいる中で、僕は曲を聴いてすごいいいなぁ、映画を観てやっぱ難しいなぁと思った時に、僕はどちらかというとこっちなんじゃないか!?限りなく僕はお客さんと同じ立場です!」と、ステージ上で振り返り、会場は笑いの渦に引き込まれた。

作品の主題歌である「何もかもがせつない」をどのような気持ちで歌ったのか聞かれた片寄は、「タイトルの通り、せつない曲になっているのですが、小竹さんの楽曲は非常に言葉が大切にされているので、台詞を喋る感覚のようなアプローチで歌いました。」と、歌に対する気持ちを語った。そして、完成した作品を観た白濱は「本当にメッセージ性があり、見れば見るほど自分なりの答えが見つかる作品だと感じました。」と、作品の感想を述べた。

また、映画のタイトルでもある「アエイオウ」にかけて、Q&Aタイムとして「ア〜オ」のカードが用意された。まず、「オ」のカード【おっしゃー!とテンションが上がってしまったこと】を引いた白濱は、「W杯で日本が点を決めたときですね。」と、コメント。「ア」のカード【ありがとう!と最近、メンバーに感謝したこと】を引いた片寄は「もう、毎日ですね。」と、答えると会場からは歓声が上がった。「イ」のカード【いやー、まいったなぁ、、、。少しピンチになってしまったこと】を引いた小森は「言うならば今日、登壇者リストに入っていた時に本当にピンチを感じました(笑)」と、答え、会場からは大きな笑いが起こった。「ウ」のカード【うれしい!最近あったいいことを教えて下さい】を引いた片寄は「日本が決勝トーナメントに行ったことですかね。」と、答え、白濱と小森から「本当にサッカー好きだな!」と、ツッコミを入れられ、会場から笑いが起こった。最後に「エ」のカード【エーッ!と、最近声をあげるほど驚いてしまったこと】を引いた白濱は「アルゼンチンとポルトガルが決勝トーナメント1回戦で負けたことですかね。」と、答えると小森から「僕が今日の登壇を知った話以外ほとんどサッカーの話!」と、ツッコミを入れ、会場からは大きな笑いが起きた。

フォトセッションの後にSNS用の写真を客席をバックに撮影する際には、キャストがステージを降りるサプライズもあり、会場からは大歓声が沸き起こった。

最後に、白濱は「本日はご来場いただき本当にありがとうございました!僕はこの作品に関われたことで1人の俳優としても成長できましたし、今後の役者人生においても非常にかけがえのない経験となりました。今後の『ウタモノガタリ』のプロジェクトも楽しんでいただければと思います。本日は本当にありがとうございました!」と、ご来場いただいた方々に感謝を述べると、会場から盛大な拍手が送られ、イベントは幕を閉じた。


©2018 CINEMA FIGHTERS


この記事の画像一覧