飯豊まりえ「花晴れ」での切なすぎる初恋に大号泣

芸能総合 公開日:2018/06/27 52
この記事を
クリップ
}/

遂に最終回を迎えた話題のドラマ「花のち晴れ~花男nextseason~」で何かと話題になっていた西留めぐみ・通称メグリン(飯豊まりえ)。

昨夜の放送では、江戸川音(杉咲花)をかけて馳天馬(中川大志)と戦っている晴を全力で応援したいと別れを決意し、メグリンスペシャルの野菜炒めを持って練習場へ。「晴くんを全力で応援するためにお別れをします」と笑顔で晴の背中を押したメグリン。練習場を出ると、晴への想いが溢れ、大号泣。




その姿に、ネットでは「めぐりん半端ないって。アイツ半端ないって切なすぎ」「メグリンよく考えたら初恋だったんだもんね。。。」「めぐりんいいやつ過ぎる」「最初嫌っててごめんね」「こんだけ一途でいられたの凄い」「幸せになってほしい」などあまりに切ない”めぐりんの涙”に”めぐりん”がYahooの話題トレンドランキング1位にランクイン。

今回メグリンを演じた飯豊まりえだが、昨今多くの作品に出演し、着々と演技に磨きをかけている印象だ。

このドラマでは主演の杉咲花をはじめ同世代で実力のある役者陣が揃う中、最終回が近づくにつれてその圧倒的存在感と演技力を見せつけた。

メグリンが前半炎上した背景には、彼女の高い演技力によって作品に感情移入する視聴者が多かったことも少なからず要因として挙げられる。

今後も様々な作品に欠かせない若手女優の1人といえるだろう。

この記事の画像一覧