市川美織 ”YouTuber的食レポ”で潜在能力を発揮

芸能総合 公開日:2018/05/30 48
この記事を
クリップ
}/

5月1日に笑顔のままでNMB48卒業を果たしたみおりん。そんなみおりんが挑むニコ生の人気番組「市川美織が○○にチャレンジ」の第2回放送が5月24日に行われた。

今回みおりんがチャレンジするのは「食レポ」。ゲスト先生には食レポYouTuberとしても人気の芸人「はいじぃ」が登場した。

番組は開始早々、埼玉で行われた卒コンの話題でもちきり。MCのキクチウソツカナイ。も現地入りしていたようで、「この公演は本当に良かった」と絶賛。みおりん自身も「エモかった。1チームでこんなに出来るってことが見せられてよかったし、ダイナミックにミスしちゃったけど、それも私らしかった」と達成感を持って伝えられた。




そして登場となった今回の先生は、チャンネル登録者数47万人という人気食レポYouTuberはいじぃ。キクチとは同期のようで息の合ったトークを披露し、早速みおりんの潜在能力を見極めるべく、本格創作イタリアンBAR「エノテカ ルイサ」のメニューから「砂肝のレモンバター焼き」でノーアドバイスのままファースト食レポにチャレンジ。すると、みおりん「森の感じ。砂を感じます!喉につかえそう」と謎の爆笑食レポを披露。

これにはダメ出しが来るかと思いきや、はいじぃ先生からは「人間味が出てたのですごく良いです」と高評価が。そして、はいじぃ先生のお手本が示されると…。テレビとは全く違った手持ちカメラの臨場感と体感型のリアクションに表現と圧倒的なYouTuber的考え方「YouTuber脳」が魅せつけられた。

これに触発されたみおりんは一気に開花。続く牛ほほ肉の赤ワイン煮込み食レポでは、まるでドローンかのようなバツグンの手持ちカメラワークで臨場感を出すと、「何頭でもいける!」「牛に私のほっぺをあげたい!」とまたも謎の爆笑レポを披露。これには、はいじぃ先生もただならぬ潜在能力を感じたようで、「編集したくなった」「テロップでツッコミいれたい」「やっぱり女子が食べるという破壊力」と二人のYouTubeコラボを伺わせる発言までが飛び出した。

現在はチャンネル登録者数7万8000人と、年内10万人を目指しているみおりん。この目標は、はいじぃ先生の教えとコラボで軽々と攻略できちゃうかも。



この記事の画像一覧

関連タグ